「夢野久作と箱崎」についての講演
掲載号:2017/04/15  東区

夜に公民館でオトナの読書会 本を通じて地域の人と交流 箱崎


ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー


ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー

 


広告バナー


ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー


ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー

夜に公民館でオトナの読書会

本を通じて地域の人と交流 箱崎

 本の魅力を語り合う夜読会

箱崎公民館で福岡出身の作家・夢野久作について語る「ハコザキ夜読(やどく) オトナの読書会」が、3月13日夜に開催されました。本を通して地域住民の交流を図ろうと、本の魅力を伝えるイベントを開催してきた「ブックオカ実行委員会」と同公民館との共同企画。仕事帰りの人も参加できるようにと、読書会は午後7時から始まりました。

夢野久作は、地元箱崎などを舞台とした小説を多数残しています。第1部は、久作の孫に当たる杉山満丸さんが「夢野久作と箱崎」と題して講演。親族しか知り得ない貴重な話に、約60人の参加者は熱心に聞き入りました。約20人が参加した第2部は箱崎が舞台の小説「犬神博士」の感想を語り合い、第3部では各自が持ち寄った本を紹介し合うなど、初対面の人同士でも話が弾み、交流の輪が広がりました。

「夢野久作と箱崎」についての講演

箱崎公民館主事の玉利麻由美さん(52)は「夜読会には、仕事などで普段公民館を利用できない人も多く訪れ、ボランティアスタッフとして若い人たちが進んで働いてくれました。公民館から発信するだけでなく周囲を巻き込んで、今後も本に関する企画などを続けたいと思っています」と力強く話しました。

 利用してみませんか公民館ミニ図書館

市は、本を通じて気軽に公民館を利用してもらうために、TSUTAYAと共働で、「公民館ミニ図書館事業」を行っています。東区内の15カ所にミニ図書館を設け、小説や雑学など、さまざまなジャンルの本を一館当たり約300冊配架。貸し出しも行っています。

公民館の図書コーナー

【問い合わせ先】東区地域支援課

電話092-645-1041

FAX092-645-1042

FavoriteLoadingお気に入り追加

ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー



広告バナー


ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー

 

ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー


ふくおか市政だよりWEB版facebookページ
広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。


    福岡市東区
    ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
    Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
    東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1