ユニバーサル都市・福岡 ベンチの設置を推進します

ユニバーサル都市・福岡

ベンチの設置を推進します

 

「おサルのベンチプロジェクト」スタートします

市営住宅の敷地を活用し、歩道が狭いバス停付近に ベンチを設置

福岡市は、誰もが思いやりを持ち、全ての人にやさしいまち「ユニバーサル都市・福岡」の実現を目指しています。

現在、人口が年間約1万5千人増加するなど元気なまちといわれる福岡市においても、10年後には4人に1人が高齢者となり、超高齢社会の到来が予想されています。

また、平成25年度に実施した高齢者実態調査では、外出時に困っていることについて、「バス停に屋根やベンチなどの待合施設が少ない」(13.8%)、「歩道にベンチなどの休息施設がない」(7.6%)と回答があり、ベンチを求める割合が合わせて2割を超える結果となりました。

高齢者や障がい者など、誰もが気軽に外出できるように、福岡市はベンチの設置を推進します。

 

民有地への設置に補助を行います

民有地に設置する場合、ベンチ購入費の2分の1(上限額は5万円)を補助します。福岡市有地に設置する場合は寄付金を活用してベンチ設置を進めていきます。

※いずれも、バス停付近やバス路線沿いなどで、自治会等地域からの要望がある場所が対象になります。

 

ベンチ設置の希望や相談、寄付金の申し込みなど詳細は保健福祉局政策推進課(電話092-733-5344 FAX092-733-5587)へお問い合わせください。

 

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html