市民の交流ページ ホッと ふくおか

市民の交流ページ

ホッと ふくおか

 

私が紹介します

vol.34

福岡フィルムコミッション

井芹美香(30)

井芹美香(30)

福岡フィルムコミッション(以下福岡FC)は、福岡都市圏で行われる映像作品の撮影を支援する組織です。平成15年の発足以来、毎年多くの作品に対しロケ地の紹介等を行っています。

 

福岡のいいところを

昨年度は、海外作品11件、邦画7件をはじめ、テレビ番組、CMなど年間で96件の作品を支援しました。その中の一つ、映画「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」は、昨年10月に中央区天神の大丸前や福博であい橋、太宰府天満宮などでロケが行われました。主演の2人が初めて遠出をする、とても重要なシーンです。市民の皆さんにはおなじみの場所ばかりなので楽しんでもらえると思います。また全国のファンの皆さんには 聖地 として、この映画をきっかけに福岡を訪れてもらえたら、と思っています。これからも、映像を通じて福岡のいいところを国内外にアピールしていきます。

 

地元人材の育成も

福岡FCは、映像産業の未来を担う人材の育成にも力を入れています。

現在撮影の支援を行っている、福岡在住の映画監督・萱野孝幸さん(26)の映画「カランデイバ」が今冬公開されます。福岡の役者と作家で作る 福岡発 の映画です。複数の劇場での公開や、国内外の映画祭出品など、今後の展開にご期待ください。

また、通行人や店のお客さんなどの役で映画等に出演するエキストラや、ロケ地提供・機材等で撮影に協力する事業者も随時募集しています。詳細はホームページでご確認ください。

映画「君の膵臓をたべたい」のワンシーン

■問い合わせ先/福岡フィルムコミッション(コンテンツ振興課内)

電話 092-733-5171

FAX 092-711-4354

ホームページhttp://www.fukuoka-film.com/

 

福岡FC支援作品 7月28日(金)公開

「君の膵臓をたべたい」

Ⓒ2017「君の膵臓を たべたい」製作委員会 Ⓒ住野よる/双葉社

ホームページ http://kimisui.jp/

【僕】(北村匠海)は、膵臓の病を患うクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)が書いていた闘病日記を偶然見つける。それから2人は次第に一緒の時間を過ごすことに。しかし、懸命に生きる彼女の日々はやがて終わりを告げる―。

累計発行部数140万部(平成29年5月現在)を超え、タイトルからは想像もできない 泣ける小説 として若い世代に人気の「キミスイ」が待望の映画化。原作にない12年後の「現在」パートで、教師になった【僕】を演じる小栗旬と、桜良の親友・恭子を演じる北川景子にも注目です。

 

プレゼント

「キミスイ・リバーシブルブックカバー」を抽選で10人に差し上げます。はがきに住所・氏名・年齢と「あなたが最近幸せを感じたこと」を書いて、7月14日(消印有効)までに市役所広報課「キミスイ」係(〒810-8620住所不要)へ。当選者には直接プレゼントをお送りします。

 

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html