掲載号:2014/07/15   お知らせ, 福岡市中央区

官兵衛と福岡城 第4回「官兵衛の福岡での住まい」   2014/07/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

官兵衛と福岡城

第4回「官兵衛の福岡での住まい」

 福岡城の築城は、慶長6(1601)年に始まりました。築城の間、黒田官兵衛はどこに住んでいたのでしょうか。黒田家の歴史書である「黒田家譜(くろだかふ)」などの記述によれば、太宰府天満宮のそばに庵(いおり)を建てて、そこに住んでいたことが分かります。

 太宰府天満宮に祭られている菅原道真(すがわらのみちざね)は、学問の神様として知られ、和歌や連歌の神様としても信仰されていました。官兵衛自身も和歌や連歌をたしなんでおり、太宰府天満宮は官兵衛にとって格好の場所だったのです。

 本丸など福岡城の主要部分が完成すると、官兵衛も城内に移り住みました。福岡城下(しも)の橋御門(はしごもん)の南側にある小高い丘が、官兵衛の屋敷があった場所で、江戸時代は御鷹屋敷(おたかやしき)(御高屋敷)と呼ばれていました。現在は舞鶴公園内の牡丹(ぼたん)・芍薬(しゃくやく)園として市民に親しまれています。

 (市博物館学芸課 高山英朗)

申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事

市博物館 企画展示「博多祇園山笠展~堂山と描かれた近世福博の女性たち~」   掲載号:2019/06/01  

【場 所】市博物館(早良区百道浜三丁目) 
【費 用】一般200円、高大生150円、中学生以下・市内に住む65歳以上無料 ※2019年7月20日から会期終了までの金・土・日曜日は午後8時閉館。5時半以降は無料。
【期 間】2019年6月11日(火)~8月4日(日)午前9時半~午後5時半(入館は閉館30分前まで) 

福岡市東区
ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1