部木八幡神社境内の古墳 掲載号:2017/08/15   東区

歴史 歩・歩・歩 さんぽ ボランティアのおすすめスポット 蒲田周辺の古墳群   2017/08/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

ワークショップコレクションミニ
広告バナー


福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか
広告バナー

LINE福岡市公式アカウント
広告バナー

歴史 歩・歩・歩 さんぽ

ボランティアのおすすめスポット

蒲田周辺の古墳群

 

「歩(さ)・歩(ん)・歩(ぽ)・会」

森永徹(70)

九州縦貫自動車道の福岡インターチェンジにほど近い、蒲田三丁目の部木(へき)八幡神社境内西側に、部木古墳群があります。この古墳群は、前方後円墳2基、円墳7基から成り立っています。前方後円墳である一号墳は、墳丘部の全長が約23mで、周囲に周壕(しゅうごう)や周堤(しゅうてい)が確認されています。二号墳は全長12mです。築造時期は古墳時代前期の四世紀ごろと考えられています。

縁起によると、部木八幡神社は、弘安8(1285)年に現在の福岡インターチェンジ内にあった別火宮(へひのみや)(神功皇后が神々を祭り祈願を行った場所)がこの地に移されたものだそうです。境内には、市の保存樹となった巨木がいくつもあります。

神社近くの粕屋町には、約六千年前の縄文時代前期の遺構や遺物が出土した江辻(えつじ)遺跡群や、弥生時代のものと推定される平塚古墳もあります。また、蒲田一丁目では中国製銅鏡が出土した前方後円墳の天神森古墳が、土井四丁目の名子道(なごみち)遺跡では、古墳の表面を石で覆った葺石(ふきいし)古墳が確認されています。古代からこの地域には大規模な集落が形成され、人々が活発に活動していたことがうかがわれます。

部木八幡神社境内の古墳

FavoriteLoadingお気に入り追加

ワークショップコレクションミニ
広告バナー

LINE福岡市公式アカウント
広告バナー


福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか
広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

福岡市LINE公式アカウント開始、友達追加で選んだ情報が届きます。

福岡市東区
ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1