地域包括ケアシステム 掲載号:2017/08/15   早良区

地域包括ケアシステム 住み慣れた地域で暮らし続けることができるために   2017/08/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

地域包括ケアシステム

住み慣れた地域で暮らし続けることができるために

 

地域包括ケアシステムとは?

高齢者の皆さんが、住み慣れた地域で、安心して暮らし続けられるよう、地域において、保健(予防)・医療・介護・生活支援・住まいの5分野の支援やサービスを、一体的に提供する体制のことです。

地域包括ケアシステム

なぜ必要?

市では、今後急速に高齢化が進み、2025(平成37)年には4人に1人が65歳以上の超高齢社会になると予測されています。より多くの人が、身近な地域で医療や介護を受けることができる体制を、地域みんなでつくっていくことが重要となっています。

このため、区では、若い世代から早めに介護へ備えるよう啓発を進めます。また、各地域の特性に応じ、公民館や自治協議会を中心に、地域の医療・介護の専門家や社会福祉協議会、ボランティアなどとの共創により、地域が一体となった取り組みを支援していくこととしています。

この取り組みについては、今後シリーズで紹介していきますが、今回は介護への早めの備えを啓発する取り組みについて紹介します。

 

介護は突然やってくる

~親子で考える介護の備え講座~

今年度、この講座を地域包括支援センター(いきいきセンター)の圏域ごとに、九つの公民館(有田、飯倉中央、入部、小田部、早良、高取、野芥、原西、百道浜)で開催することとしています。7月に初めて、原西公民館で行われた講座では、次のポイントを学びました。

①情報を集める

介護サービスや勤務先の介護支援制度などについて、調べておくことが大切です。親の介護について心配な場合は、健康状態や生活の様子、将来どんな介護を望むかについても、日頃の会話でさりげなく把握しておくと良いです。

②一人で抱え込まずに、まず相談を

地域包括支援センターでは、医療と介護の専門家が、ちょっとした困り事でも相談に乗ります。

地域包括支援センターへ気軽にご相談ください

③介護離職を避ける

介護はいつまで続くか分からず、仕事を辞めて介護に専念しても、状況が好転するとは限りません。すぐに離職を決断せず、職場へ介護の状況や働き方の希望を伝えるなど、働きながら介護することが重要です。

④地域の人とつながる

本人と連絡が取れないときに、様子を見に行ってもらえる人がいると心強いものです。民生委員や社会福祉協議会のふれあいネットワークなど地域の人と日頃から関係をつくっておくと、いざというときに助かります。

⑤三位一体で介護予防

爪先やかかと、膝を動かすといった簡単な運動でも効果があります。友人と出掛けることや地域活動への参加、栄養バランスの取れた食生活や口腔(こうくう)ケアなども大切です。「運動」「社会参加」「食事」の三位一体で取り組むことがポイントです。

簡単で効果のある「膝の屈伸運動」を実践

今回の講座の参加者からは、「実家の母に地域の人とどれくらい関わっているか聞いてみようと思った」「意外と簡単なので、若いうちから予防に取り組みたい」などの声が聞かれました。

さらに、9月に市民センターで開催される講座では、介護の要因の一つとなる認知症の人の人権尊重を学ぶことができます。

地域包括ケアシステムについては、早良区地域保健福祉課へ気軽にお尋ねください。

【問い合わせ先】

早良区地域保健福祉課

電話 092-833-4362

FAX 092-833-4349


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


過去の女性起業家向けセミナーの写真 掲載号:2018/12/15   情報ボックス, 施設の情報

アミカス(男女共同参画推進センター)女性が学ぶ法律講座「子どもがいる人の離婚」   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

アミカス(男女共同参画推進センター) 〒815-0083 南区高宮三丁目3-1 電話 092-526-3755 FAX 092-526-3766 【開館時間 】午前9時半~午後9時半(日・祝休日は午後5時まで) 【休館日】 毎月第2・最終火曜(祝休日のときは翌平日) ※図書整理・点検のため、2019年1月15日(火)~24日(木)は図書室を休室します。 ※以下の託児は6カ月~小学3年生(無料。各開 … 続きを読む アミカス(男女共同参画推進センター)女性が学ぶ法律講座「子どもがいる人の離婚」


2019年1月の催しの表 内容・日時・定員 掲載号:2018/12/15   情報ボックス, 施設の情報

西部3Rステーション (リサイクルプラザ)2019年1月の催し   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

西部3Rステーション (リサイクルプラザ) 〒819-0162 西区今宿青木1043-2 電話 092-882-3190 FAX 092-882-4580 【開館時間】 午前10時~午後5時 【休館日】 月曜(祝休日のときは翌平日) 2019年1月の催し 一部講座は材料を持参。 【対象 】市内に住むか通勤・通学する人 【料金】 ①1,500円②800円③500円④⑤⑥無料 【申し込み 】①②③はが … 続きを読む 西部3Rステーション (リサイクルプラザ)2019年1月の催し


2019年1月の催しの表 内容・日時・定員 掲載号:2018/12/15   情報ボックス, 施設の情報

臨海3Rステーション (リサイクルプラザ)2019年1月の催し   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

臨海3Rステーション (リサイクルプラザ) 〒812-0051 東区箱崎ふ頭四丁目13-42 電話 092-642-4641 FAX 092-642-4598 【開館時間】 午前10時~午後5時 【休館日】 月曜(祝休日のときは翌平日) 2019年1月の催し 一部講座は材料を持参。 対象 市内に住むか通勤・通学する人 【料金】 ①2,800円②③⑦⑨⑩無料(②⑩は部品代別)④100円⑤⑥500円⑧ … 続きを読む 臨海3Rステーション (リサイクルプラザ)2019年1月の催し


うがい液、リップクリームなどを作りの写真 掲載号:2018/12/15   情報ボックス, 施設の情報

植物園植物園園芸講座~ハーブの効用~   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

植物園 〒810-0033 中央区小笹五丁目1-1 電話 092-522-3210 FAX 092-522-3275 【開館時間】 午前9時~午後5時(入園は閉園30分前まで) 【休館日】 月曜(祝休日のときは翌平日) ※いずれも入園料別。園芸講座の申し込みは往復はがきかファクスに応募事項とファクスの場合はファクス番号も書いて2018年12月15日~各開催日の2週間前(必着)に植物園へ。ホームペー … 続きを読む 植物園植物園園芸講座~ハーブの効用~


掲載号:2018/12/15   情報ボックス, 施設の情報

植物園園芸講座~冬のバラの手入れと管理~   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

植物園 〒810-0033 中央区小笹五丁目1-1 電話 092-522-3210 FAX 092-522-3275 【開館時間】 午前9時~午後5時(入園は閉園30分前まで) 【休館日】 月曜(祝休日のときは翌平日) ※いずれも入園料別。園芸講座の申し込みは往復はがきかファクスに応募事項とファクスの場合はファクス番号も書いて2018年12月15日~各開催日の2週間前(必着)に同園へ。ホームページ … 続きを読む 植物園園芸講座~冬のバラの手入れと管理~


記事一覧


    福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
    ●編集・発行
     福岡市広報課 電話 092-711-4016
    ●市政だより配布 産交ミック福岡支店 
     フリーダイヤル 0120-544-894
    ●市政に関するご意見・要望・相談などは
     広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
    ●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
    ●区役所代表電話 
     東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131




    福岡市ホームページ