ふくおか市政だより 2014年7月15日号 4面 六本松に新しいまちが誕生します 九大キャンパス跡地のまちづくり

六本松に新しいまちが誕生します

九大キャンパス跡地のまちづくり

九州大学教養部が中央区六本松から西区伊都キャンパスへ移転して5年。六本松キャンパス跡地では、道路や公園が完成し、本格的なまちづくりがスタートします。

道路と公園が完成

道路と六本松公園は、7月29日(火曜)から利用できるようになります。公園には遊具やグラウンドが整備され、楽しく体を動かせます。

市は六本松キャンパス跡地(6.5ヘクタール)のまちづくりを地域などと共働で進めています。南側ゾーンには裁判所や検察庁、弁護士会館が移転し、北側ゾーンでは、JR九州が整備する複合施設に、市青少年科学館(仮称)や九州大学法科大学院が入ります。

新しいまちの魅力

平成29年に開館予定の青少年科学館は、プラネタリウムや展示室が現在の少年科学文化会館の約2倍の大きさを備え、子どもから大人まで楽しく科学を学ぶことができます。これらが入居する複合施設の外観デザインは、クルーズトレイン「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭治氏が監修を行います。その他にも北側ゾーンの複合施設には店舗や住居などさまざまな機能が集結し、地域の拠点となるにぎやかな場所へと生まれ変わります。

また外周には、幅10メートルの広い緑道が続き、街かど広場や公園とともに市民の憩いの場として活用できます。建物と広場や緑道は、平成30年度ごろに完成する予定です。

オープニングイベント開催

六本松キャンパス跡地は「人がいきいきと交流し理性を育む、四季を感じるにぎわいと良心がふれあう街」という意味を込めた『青陵の街』として動き出します。

道路・公園の完成を記念して、今後の地域の発展を願うオープニングイベント『六本松・青陵まつり』が7月27日(日曜)午後3時~9時に跡地内で開催されます(主催=草ケ江校区まちづくり協議会、UR都市機構)。

 

また、12月13日(土曜)から来年2月にかけて『木下大サーカス福岡公演』が開催される予定です。

【問い合わせ先】

九大跡地計画課 電話092-711-4154 FAX092-733-5011

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html