※右文中の調査結果は、それぞれ「ど ちらかといえば住みやすい」「どちらかと いえば住み続けたい」「どちらかといえ ば満足」の回答を含んでいます。  ※調査結果をまとめたパンフレット 「ふくおかボイス」と調査結果を分析した 報告書は、来年1月ごろに公表します 掲載号:2017/10/15   特集記事, 市政だより記事

市政に関する意識調査速報「福岡市は住みやすい」96.0%   2017/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市政に関する意識調査速報

福岡市は住みやすい」96.0%

 

「市政に関する意識調査」は、市民の皆さんの意見や評価を今後の市政運営に活用するため、市内に住む18歳以上の男女4500人を対象に毎年実施するものです。

平成29年度の本調査で、回答者の96.0%の人が「福岡市は住みやすい」と答えました。「市にずっと住み続けたいと思いますか」という問いに対しても、92.8%が「住み続けたい」と答えています。「住みやすさ」と同時に調査した「都市環境等の満足度」は、▽新鮮でおいしい食べ物の豊富さ90.2%▽買い物の便利さ88.5%▽自然環境の豊かさ84.2%▽医療機関の充実79.9%▽人の親切や人情味79.3%▽自然災害の少なさ77.6%ーなどとなっており、前年度と比較して18項目中15項目で満足度が向上しています。

しかし、▽市民のマナー46.4%▽犯罪の少なさ39.2%ーなどは他の項目に比べて満足度が低い結果となりました。

※右文中の調査結果は、それぞれ「ど ちらかといえば住みやすい」「どちらかと いえば住み続けたい」「どちらかといえ ば満足」の回答を含んでいます。  ※調査結果をまとめたパンフレット 「<strong><noscript><img class=

調査速報は、市ホームページ(「福岡市意識調査」で検索)に掲載しています。

■問い合わせ先/広聴課

電話 092-711-4067

FAX 092-733-5580

 

さらに「住みやすいまち」を目指して

交通ルールを守りましょう

福岡県内では、平成29年8月23日から9月3日までの12日間に、13件の交通死亡事故が続発し、13人の尊い命が失われました。うち4件が道路横断中の事故です。一人一人の行動が「安全で安心なまち福岡」をつくります。次のことに注意しましょう。

歩行者

▽車が止まったのを確認してから横断し、横断途中でも左右の安全を確認しましょう

▽青信号で横断するときも、右左折してくる車がないか、よく確認しましょう

▽夜間は、明るい服装や反射材を着用しましょう

ドライバー

▽横断歩道は歩行者優先です。交差点を右左折する際は、歩行者等がいないかよく確かめましょう

▽郊外など暗い夜道ではハイビームで走行し、歩行者等を早く発見できるように留意しましょう

【問い合わせ先】生活安全課

電話092- 711-4061

FAX 092-711-4059

 

民間の調査結果では・・・

ポテンシャル成長可能性都市ランキング

野村総合研究所が国内100都市を対象に行った調査によると、福岡市は、ポテンシャル(成長の伸び代の大きさ)で第1位、成長する可能性の高さで第2位という結果が出ています。

(平成29年7月公表)

ポテンシャル

ポテンシャル 1位 <strong><noscript><img class=

1位 福岡

2位 鹿児島市

3位 茨城県つくば市

4位 愛媛県松山市

5位 久留米市

 

成長可能性都市

成長可能性都市 1位 東京都特別区部 2位 <strong><noscript><img class=

1位 東京都特別区部

2位 福岡

3位 京都市

4位 大阪市

5位 鹿児島市

 

※調査は「多様性を受け入れる風土」「創業・イノベーションを促す取り組み」「多様な産業が根付く基盤」「人材の充実・多様性」「都市の暮らしやすさ」「都市の魅力」という六つの視点・131の指標を用いて分析されています。

 

市民のプライド・ランキング

住民が愛着や誇りを強く感じている都市はどこか

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが、政令指定都市と東京都特別区部の住民を対象に行った調査によると、福岡市は、まちへの愛着や誇りなどの質問項目で第1位となり、「市民のまちに対するプライドが最も高い都市」第1位という結果が出ています。なお、愛着の第2位は札幌市、誇りの第2位は京都市でした。

(平成29年6月公表)

 

詳しい調査結果は、ホームページ(「成長可能性都市ランキング」、「市民のプライド・ランキング」でそれぞれ検索)をご覧ください。

【問い合わせ先】広報課

電話092- 711-4016

FAX 092-732-1358

関連記事

アラ還世代のための還活大学   掲載号:2019/05/15  

【申 込 み】2019年5月31日(金)までに電話で中央区地域保健福祉課(電話 092-718-1111 FAX 092-734-1690)
【場 所】あいれふ10階講堂(中央区舞鶴二丁目) 
【費 用】無料
【期 間】<1>2019年6月11日(火)13:30~15:30 アラ還世代からの健康づくり(健康づくりサポートセンター センター長 井口登與志氏)<2>2019年7月12日(金)13:30~15:30 研究から生活習慣を考える(九州大学大学院医学研究院助教・医学博士・保健師 吉田大悟氏)<3>2019年8月28日(水)13:30~15:30 健康づくりのための運動(健康づくりサポートセンター 健康運動指導士)<4>2019年9月11日(水)13:30~15:30 地域活動と健康づくり・ボランティア活動の始め方(NPO法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター上席研究員 佐々木喜美代氏)

福岡市博多区
ふくおか市政だより 博多区版 発行:博多区総務課 電話 092-419-1011 FAX 092-452-6735
Mail:somu.HAWO@city.fukuoka.lg.jp
博多区役所 〒812-8512 福岡市博多区博多駅前2丁目9-3