9月30日㈯レノファ山口戦。下段左=福岡市出身の冨安健洋選手(18)。下段右=得点を決めた松田力選手(26) 掲載号:2017/11/01   特集記事, 市政だより記事

アビスパ福岡  目指せJ1返り咲き   2017/11/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

アビスパ福岡

9月30日㈯レノファ山口戦。下段左=<strong><noscript><img class=

目指せJ1返り咲き

アビスパ福岡は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の2部(J2)で、1部(J1)復帰を目指して戦っています。昇格できるのは3チームで、上位2チームが自動昇格、残る1枠を3~6位のチームがトーナメント戦で争います。

今シーズンのリーグ戦も大詰めを迎え、僅差で自動昇格圏内を争っているアビスパ福岡は、レベルファイブスタジアムで行われる11月5日(日)の湘南ベルマーレ戦、11日(土)の松本山雅FC戦で、上位チームと直接対決します。

3年目の指揮官・井原正巳監督(50)は

3年目の指揮官・井原正巳監督(50)は「チームの得点王・ウェリントン(29)の活躍に加え、新たに選手3人が加入したことで攻撃に厚みが増しました。相手によって3バックと4バックを使い分ける守備のシステムも機能してきています。堅守がベースの我々の集大成を見てもらいたい。得失点差も絡んできますので、最後の笛が鳴るまで集中力を切らさずに全力で勝ち点3を狙います。J1昇格を目指してしっかり準備したい。皆さん、レベスタで声援を送ってください。一緒に戦いましょう」と話しています。

 

レベルファイブスタジアム(福岡市博多区東平尾公園二丁目)の楽しみ方

【<strong><noscript><img class=

ぼくは福岡市城南区に住むサッカーを始めたばかりの小学5年生。レベルファイブスタジアムで初めてサッカーを観戦します。

モニュメント広場には、キッチンカーやショップ、ふわふわアトラクション(5分200円)があったよ。オークションイベントも開催されたんだ。

モニュメント広場には、キッチンカーやショップ、ふわふわアトラクション(5分200円)があったよ。オークションイベントも開催されたんだ。

応援グッズがずらりと並んだ特設ショップでロゴTシャツとタオルマフラーのアビスパ応援セット(1,500円)を買ったよ。着替えて気合いを入れるんだ。

応援グッズがずらりと並んだ特設ショップでロゴTシャツとタオルマフラーのアビスパ応援セット(1,500円)を買ったよ。着替えて気合いを入れるんだ。

たくさんのスタジアムグルメの中からぼくが選んだのは、焼きそば(400円)。地鶏の炭火焼き(500円)、かき氷(300円)も食べたよ。

たくさんのスタジアムグルメの中からぼくが選んだのは、焼きそば(400円)。地鶏の炭火焼き(500円)、かき氷(300円)も食べたよ。

思ったよりもすぐ近くで選手を見られて大興奮。タイミングばっちりの松田選手のシュートがかっこよかった。終了後、目の前に選手たちが来てくれたよ。

思ったよりもすぐ近くで選手を見られて大興奮。タイミングばっちりの松田選手のシュートがかっこよかった。終了後、目の前に選手たちが来てくれたよ。

 

応援セットプレゼント

写真のアビスパ応援セット(ロゴTシャツとタオルマフラー)を10人にプレゼントします。はがきに住所、氏名、年齢、市政だよりの感想を書いて11月5日(必着)までに広報課「アビスパ」係(〒810-8620住所不要)へ。Tシャツのサイズ指定はできません。当選者には直接グッズをお送りします。

/応援セットプレゼント/

ホーム最終戦をみんなで応援しよう

11/11(土)市民応援デー観戦招待

松本山雅FCとのレベスタでのホームゲームに市民1,000組2,000人を招待します(午後2時キックオフ)。全員に応援用のスティックバルーンを進呈します。

【対象 】市内に住む高校生以下の子どもとその保護者(高校生のみも可)

【申し込み 】①参加者全員の氏名(フリガナ)・年齢②郵便番号・住所③電話番号④小・中・高生は学年を書いてファクス(092-674-3022)かメール(  1111ouen@avispa.co.jp  )で11月5日(必着)までに福岡市民応援デー招待係へ。

※1通で4人まで応募可能。11月6日(月)までに連絡がない場合は当選。住所・氏名が分かるものを持参してください。

【問い合わせ 】アビスパ福岡

電話 092-674-3020

 

スポーツ特集に関する問い合わせはスポーツ事業課

電話092-711-4954

FAX 092-733-5595へ。

 

関連記事

アラ還世代のための還活大学   掲載号:2019/05/15  

【申 込 み】2019年5月31日(金)までに電話で中央区地域保健福祉課(電話 092-718-1111 FAX 092-734-1690)
【場 所】あいれふ10階講堂(中央区舞鶴二丁目) 
【費 用】無料
【期 間】<1>2019年6月11日(火)13:30~15:30 アラ還世代からの健康づくり(健康づくりサポートセンター センター長 井口登與志氏)<2>2019年7月12日(金)13:30~15:30 研究から生活習慣を考える(九州大学大学院医学研究院助教・医学博士・保健師 吉田大悟氏)<3>2019年8月28日(水)13:30~15:30 健康づくりのための運動(健康づくりサポートセンター 健康運動指導士)<4>2019年9月11日(水)13:30~15:30 地域活動と健康づくり・ボランティア活動の始め方(NPO法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター上席研究員 佐々木喜美代氏)

福岡市博多区
ふくおか市政だより 博多区版 発行:博多区総務課 電話 092-419-1011 FAX 092-452-6735
Mail:somu.HAWO@city.fukuoka.lg.jp
博多区役所 〒812-8512 福岡市博多区博多駅前2丁目9-3