広告バナー


掲載号:2017/11/15   東区

歴史 歩・歩・歩 さんぽ ボランティアのおすすめスポット  和白郷土資料室を訪ねて   2017/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

歴史
歩・歩・歩
さんぽ

ボランティアのおすすめスポット
和白郷土資料室を訪ねて

「歩(さ)・歩(ん)・歩(ぽ)・会」
山田次男(66)

近年の和白地域は、人口増加や産業構造の変化で大きく変貌しました。和白郷土資料室は産業の歴史を次世代に残すため、平成6年に和白公民館武道場(和白三丁目)の2階に開設されました。
旧和白町は、上和白村、下和白村、三苫村、塩浜村、奈多村の5村からなり、明治から昭和の初めまで、農業、養蚕(ようさん)業、漁業、製塩業などが発展しました。資料室は、当時の農機具や漁具、生活道具などを展示。農機具は、人力の道具が主体で、足踏み式の脱穀機や大型の台唐(だいがら)と呼ばれる臼が目を引きます。また、養蚕に関する装置で、蚕の繭から糸を取り出す糸繰車や機織り機も展示されています。養蚕業は、明治42年から三苫村で始まりました。国を挙げて養蚕に力を注いでいた時代のことです。しかし農業との兼業や蚕を育てるための手間、桑の葉を遠くから仕入れる苦労などの理由で衰退し、昭和の初め頃には苺の栽培に変わっていきました。
時代とともに移り変わった地域の産業に関する展示物は、当時を知り次世代に受け継ぐ貴重な遺産だと感じられます。
見学は、和白公民館(電話 092-606-3001 FAX 092-606-5262)で午前10時~午後5時に受け付けます。

台唐と呼ばれる臼

絹糸を織る機織り機


広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


●博多港および福岡空港からの 外国人入国者数の推移 掲載号:2019/02/01   特集記事, 市政だより記事

ようこそ「FUKUOKA」へ アジアの交流拠点都市・福岡   2019/02/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

ようこそ「FUKUOKA」へ アジアの交流拠点都市・福岡 在住外国人数は30年間で約4・0倍に 福岡市に住む外国人の登録人口は3万7130人です(平成30年12月末現在)。 国・地域別では、多い順に中国(1万2323人)、韓国・朝鮮(6617人)、ベトナム(5882人)、ネパール(4373人)、フィリピン(1234人)。平成の30年間で2万7941人増加しています。市内には、多数の大学や日本語学校 … 続きを読む ようこそ「FUKUOKA」へ アジアの交流拠点都市・福岡


記事一覧


    福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
    ●編集・発行
     福岡市広報課 電話 092-711-4016
    ●市政だより配布 産交ミック福岡支店 
     フリーダイヤル 0120-544-894
    ●市政に関するご意見・要望・相談などは
     広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
    ●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
    ●区役所代表電話 
     東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


    福岡市ホームページ