広告バナー


火災警報器は定期的な作動確認を 掲載号:2017/12/01   博多区

年末年始 火災や犯罪にご用心   2017/12/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

年末年始 火災や犯罪にご用心

 

火の用心

寒さが厳しくなるこれからの季節は、空気が乾燥するため火災が起きやすい時期です。市内の建物火災の約7割は住宅から発生しています。暖房器具やこんろなどは、ちょっとした不注意で火事につながる恐れがありますので注意しましょう。

こんろ火災にご用心

住宅火災の出火原因の多くはこんろです。そのうちてんぷら鍋によるものが4割を占めています。

てんぷら油は加熱し続けると、約20分で発火します。ちょっとの間だからと火を付けたままその場を離れ、鍋から炎が出て火災に至るケースが多いようです。

「火を付けたらその場を離れない」、「離れるときは火を消す」を心掛けましょう。

鍋から出火した時は、絶対に水をかけてはいけません。消火器を使うか、濡らした大きめのタオル等で鍋全体を覆い、空気を遮断して消火してください。

火災警報器を設置しましょう

火災による死亡原因の約6割は逃げ遅れです。寝室や階段などには、煙や熱を感知し、警報を鳴らす住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。

就寝中の出火を警報器が知らせ、火災を未然に防いだ例や、火災現場から逃げ出せた例が多くあります。義務化以降、住宅火災の件数は減少傾向にあります。警報器はホームセンターや家電量販店で購入できます。また、警報器は寿命により火災を感知できなくなる恐れがあるので、ボタンを押すか、ひもを引いて定期的に作動確認を行ってください。10年を目安に取り換えましょう。

火災警報器は定期的な作動確認を

 

【問い合わせ先】

博多消防署予防課

電話 092-475-0119

FAX 092-475-0219

 

常に防犯意識を持ちましょう

年末年始は、空き巣やひったくりなどの犯罪が増える傾向にあります。戸締りはしっかりと行い、夜道の一人歩きは避けましょう。

施錠の習慣を

空き巣被害の半数以上は無施錠のドアや窓から侵入されています。ごみ出しや短時間の外出でも、鍵をかける習慣を付けましょう。また、センサーライトや防犯カメラなどの活用も効果的です。

何度も振り向いて

性犯罪の被害が駅の周辺などで急増しています。被害の約6割が午前0時から6時の間です。夜道では、時々振り返って周囲を警戒していることをアピールし、携帯電話を扱わないなど、隙を見せないようにすることも大切です。

やめよう!夜道のながら歩き

 

ニセ電話詐欺にご注意を

役所の職員を名乗り「お金を払い戻す」などとだます還付金詐欺、息子に成り済ますオレオレ詐欺など、電話で言葉巧みにお金をだまし取るニセ電話詐欺が急増しています。年々手口が巧妙になり、被害に遭う人が後を絶ちません。

福岡県内の被害額は、9月末時点で約8億円で、被害者の約6割が65歳以上の高齢者です。電話でお金の話をされたら、すぐに家族や警察に相談してください。

【問い合わせ先】

博多警察署生活安全課

電話・FAX 092-412-0110


広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


掲載号:2018/11/15   西区

保健福祉センターだより   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

保健福祉センターだより ※場所の記載がないものは保健福祉センター(保健所)で実施します。料金の記載のないものは無料。 申し込み・問い合わせ ①健康づくり係 電話 895-7073 ②母子保健係 電話 092-895-7055 ③精神保健福祉係 電話 092-895-7074 ④地域保健福祉課 電話 092-895-7080 FAX 092-891-9894(①~④共通)   内容 実施日 … 続きを読む 保健福祉センターだより


掲載号:2018/11/15   情報ボックス, 相談

犯罪被害者をサポートする相談窓口を開設しています   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

犯罪被害者をサポートする相談窓口を開設しています ▽福岡犯罪被害者総合サポートセンター 電話 092-735-3156(午前9時~午後4時。土日祝日、年末年始を除く) ▽性暴力被害者支援センター・ふくおか 電話 092-762-0799(24時間・年中無休) ▽県警の犯罪被害相談「心のリリーフ・ライン」 電話 092-632-7830(午前9時~午後5時45分。土日祝日、年末年始を除く) ▽犯罪被 … 続きを読む 犯罪被害者をサポートする相談窓口を開設しています


掲載号:2018/11/15   情報ボックス, 相談

税理士による無料税務相談会   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

税理士による無料税務相談会 【日時】 11月19日(月)、20日(火)午前10時~午後5時(受け付けは4時半まで、相談時間は1人30分以内) 【場所】 市役所1階多目的スペース 【問い合わせ】 九州北部税理士会福岡支部 電話 092-472-3410 FAX 092-472-3416 【対象】 個人 【料金】 無料 【申し込み】 当日先着順(予約不可)


掲載号:2018/11/15   情報ボックス, 相談

医療事故110番   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

医療事故110番 医療事故に遭ったのではないかという疑問を持つ人を対象に、弁護士が電話(電話 092-641-2007)で相談を受け、後日無料で面談を行います。 【日時】 12月8日(土)午前10時~午後3時 【問い合わせ】 九州・山口医療問題研究会 電話 092-641-2009 FAX 092-641-5707 【料金】 無料 【申し込み】 不要


掲載号:2018/11/15   情報ボックス, 相談

チケット法律相談   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

チケット法律相談 市役所2階市民相談室で配布するチケットを使って、天神弁護士センター(中央区渡辺通五丁目)で弁護士に無料で相談できます。 【日時】 午前10時~午後7時(土日祝日は午後1時まで。1人30分) 【問い合わせ】 市役所市民相談室 電話 092-711-4019 FAX 092-733-5580 【対象】 市内に住むか通勤・通学する人(市民相談室法律相談、チケット法律相談のいずれかで1人 … 続きを読む チケット法律相談


記事一覧


    福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
    ●編集・発行
     福岡市広報課 電話 092-711-4016
    ●市政だより配布 産交ミック福岡支店 
     フリーダイヤル 0120-544-894
    ●市政に関するご意見・要望・相談などは
     広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
    ●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
    ●区役所代表電話 
     東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131




    福岡市ホームページ