新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

なお,市政だよりの掲載の有無に関わらず,新型コロナウイルス感染症対策で中止になるイベントについては,【中止のお知らせ】福岡市主催のイベント・行事等(新型コロナウイルス感染症対策)に随時掲載しています。

掲載号:2017/12/01   福岡市早良区

オイスカ西日本研修センター50周年 〝ふるさとづくり〟の心で 早良区を活性化 2017/12/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

オイスカ西日本研修センター50周年

〝ふるさとづくり〟の心で 福岡市早良区を活性化

 

福岡市早良区小笠木にあるオイスカ西日本研修センターで、恒例の「収穫感謝祭・秋」が11月に開催されました。

外国人研修生や早良高校、企業、地域の皆さんなど、約1500人の人でにぎわいました。アジアの郷土料理などの出店が並び、オイスカ西日本研修センターで作られた野菜や米も販売。ステージでは、研修生の民族舞踊、地域の皆さんのダンスなどが披露されました。

小学生と一緒に田植えをする研修生

 オイスカとは?

さまざまな違いを乗り越え共存し、自然と調和して生きることを目指す公益財団法人です。主にアジア・太平洋地域で農業指導や環境保全などのリーダーとなる人材を育成しています。現在は、9カ国から15人の研修生が共同生活をしながら、農業技術や洋裁などを1~2年間学んでいます。

それだけではなく、地域の餅つき大会や小学校の稲刈りに参加するなど、国際交流や福岡市早良区南部地域の活性化にも一役買っています。

力士もやって来る

 力士もやって来る

大相撲九州場所の時期には、おいすか西日本研修センター内に高田川部屋が道場を構えています。オイスカの収穫感謝祭では、自慢のちゃんこ鍋を振る舞ったり、子どもたちと相撲を取ったりと来場者と触れ合い、催しをにぎわせました。

カボチャがたくさんできました

 深まる地域交流

オイスカ西日本研修センターは、今年度で設立50周年を迎え、これまでに25カ国、1400人が学び、各国で活躍しています。

脇山校区自治協議会の重松重興会長(73)は、「いろいろな行事に参加してくれるオイスカは、地域の活性化に欠かせません」と話します。

オイスカ西日本研修センターの広瀬兼明所長(53)は、「農業技術だけではなく、たくさんの人たちとの交流など、日本で過ごしたさまざまな経験を生かしながら、卒業生が故郷で地域開発のリーダーとして頑張ってくれていてうれしいです。単なる開発ではなく、安心して暮らせる地域をつくる〝ふるさとづくり〟をテーマに、これからも皆さんとの交流を大切にしていきたいです」と話しました。

【問い合わせ先】オイスカ西日本研修センター

電話 092-803-0311

FAX 092-803-0322

 

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市早良区
ふくおか市政だより 早良区版 発行:早良区企画課 電話 092-833-4307 FAX 092-846-2864
Mail:kikaku.SWO@city.fukuoka.lg.jp
早良区役所 〒814-8501 福岡市早良区百道2丁目1-1