掲載号:2017/12/15   福岡市中央区

中央区トリビア 第9回 天神周辺にあるルネサンス様式の建物   2017/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

福岡市中央区トリビア

第9回 天神周辺にあるルネサンス様式の建物

Y氏(山田孝之)  <strong><noscript><img class=

Y氏(山田孝之)

福岡市中央区PR動画「福岡市中央区トリビア」(福岡市中央区ホームページで検索)の案内人。「福岡路上遺産」(海鳥社)を執筆、山田孝之の人気ブログを運営中。

今回は天神周辺に残るルネサンス様式の建物を紹介します。

昭和通りを天神から中洲方面に歩くと、那珂川の手前に福岡市赤煉瓦(れんが)文化館(天神一丁目)があります。福岡市赤煉瓦(れんが)文化館は明治42(1909)年に旧日本生命保険株式会社の九州支店として建てられ、国の重要文化財に指定されています。現在は文学関係の資料を展示する福岡市文学館として使われています。

赤煉瓦文化館の斜め向かいにある日本銀行福岡支店(天神四丁目)も、昭和26(1951)年にルネサンス様式を取り入れて建造された建物です。全国の支店の中で最も古く、老朽化のため今年の10月に建て替え工事が始まりました。新しい建物は外観に現在のデザインを一部残し、平成33年に完成する予定です。

福岡県公会堂貴賓館(西中洲六丁目)はフレンチ・ルネサンス様式の建物で、鮮やかな緑色の外観が特徴的です。この建物は明治43(1910)年に開催された第13回九州沖縄8県連合共進会の来賓接待所として建てられたもので、土木技師の三條栄三郎氏の設計です。三條栄三郎氏は、現在の天神中央公園にあった旧福岡県庁舎や太宰府天満宮の楼門の設計も手掛けています。

昭和通りを天神から中洲方面に歩くと、那珂川の手前に<strong><noscript><img class=

申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事

アラ還世代のための還活大学   掲載号:2019/05/15  

【申 込 み】2019年5月31日(金)までに電話で中央区地域保健福祉課(電話 092-718-1111 FAX 092-734-1690)
【場 所】あいれふ10階講堂(中央区舞鶴二丁目) 
【費 用】無料
【期 間】<1>2019年6月11日(火)13:30~15:30 アラ還世代からの健康づくり(健康づくりサポートセンター センター長 井口登與志氏)<2>2019年7月12日(金)13:30~15:30 研究から生活習慣を考える(九州大学大学院医学研究院助教・医学博士・保健師 吉田大悟氏)<3>2019年8月28日(水)13:30~15:30 健康づくりのための運動(健康づくりサポートセンター 健康運動指導士)<4>2019年9月11日(水)13:30~15:30 地域活動と健康づくり・ボランティア活動の始め方(NPO法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター上席研究員 佐々木喜美代氏)

福岡市博多区
ふくおか市政だより 博多区版 発行:博多区総務課 電話 092-419-1011 FAX 092-452-6735
Mail:somu.HAWO@city.fukuoka.lg.jp
博多区役所 〒812-8512 福岡市博多区博多駅前2丁目9-3