掲載号:2017/12/15   特集記事, 市政だより記事

もっと自分の体を知ろう 健診を受けて元気な毎日を   2017/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

もっと自分の体を知ろう

健診を受けて元気な毎日を

福岡市健康づくり イメージキャラクター よかろーもん

日本人の3大疾患である「がん」「心疾患」「脳血管疾患」の原因の多くが生活習慣にあるといわれています。「生活習慣病」を予防するためには、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

市健康づくりサポートセンター長で医学博士の井口登與志さん(64)

市健康づくりサポートセンター長で医学博士の井口登與志さん(64)に話を伺いました。

生活習慣病は、持って生まれた遺伝的な要因もありますが、偏った食生活や運動不足、喫煙、飲酒など長年の不適切な生活習慣の積み重ねやストレス等によって発症します。ある程度進行するまで自覚症状が現れない場合が多いので注意が必要です。

例えば糖尿病を放置していると、動脈硬化の進行を早めて心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気につながるだけでなく、合併症を引き起こし、自覚症状がないままに悪化して、突然失明したり、人工透析が必要になったりするなどの危険性があります。ちなみに、新たに透析を受けなければならなくなった原因は糖尿病によるものが最も多く、全国で毎年およそ1万6千人に及びます。健康診断を受けなかったり、糖尿病と診断されても放置したりしていると、大変なことになりかねません。

仮に糖尿病と診断されても、早期に治療を受ければ、合併症や重症化は防ぐことができます。少なくとも年に1度は健診を受けてください。そこで出てきた数値が、自身の生活習慣を見直すきっかけになるはずです。

どうせ長生きするなら元気に過ごしたいですよね。現在は、雑誌やテレビ、インターネットなどでさまざまな健康情報が飛び交っていますが、情報に踊らされることなく、まずは自分の体の状態を正しく知ることから始めましょう。心配なことがあればかかりつけ医に相談してください。そして、食事に気を付ける、お酒や喫煙を控える、自宅で定期的に血圧や体重を測るなど、自分に合った方法でコントロールしていくことが大切です。適度な運動やウオーキングなども取り入れながら、楽しく「健康長寿」を目指しましょう。

 

生活改善しないと…

■記事に関する問い合わせ先/健康増進課

電話 092-711-4269

FAX 092-733-5535

 

関連記事


福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ