こんな相談、増えています 第8回 引っ越し・不用品回収のトラブル

こんな相談、増えています

第8回 引っ越し・不用品回収のトラブル

 

  • 引っ越しのトラブル

事例①

1カ月後に引っ越すことが決まり、投げ込みチラシを見て引っ越し業者と契約した。しかし、もっと安い業者を見つけたため、翌日に解約の連絡をしたところ、解約料を請求された。

【アドバイス】

消費者の都合による解約や延期に関する解約料・手数料は、荷物の受け取り日の前日から発生します(6月以降は2日前から)。変更がある場合はすぐに申し出ましょう。

事例②

7月に引っ越しをした。12月になって、暖房器具を取り出してみると破損していた。

業者に電話で修理を求めたが対応してくれない。

【アドバイス】

引っ越しで荷物がなくなっていたり、破損したりした場合、3カ月以内に申し出る必要があります。引っ越し後は、すぐに荷物の状態を確認しましょう。

 

トラブルは「これっキリン」メモ

引っ越し業者と契約するときは、見積書や約款で、料金だけでなくサービス内容や契約条件の確認を。なお、引っ越し業者の見積りは無料で、内金や手付金を払う必要はありません。複数の業者から書面で見積りを取り、比較検討しましょう。

また、梱包用の段ボールは、契約先を決めてから受け取りましょう。見積り時に業者が梱包用の段ボールを置いていくことがありますが、契約しない場合に、その返送や代金をめぐってトラブルになることがあります。

 

  • 不用品回収に関するトラブル

事例①

「不用品を無料で回収する」とトラックでアナウンスしていた業者を呼び止め依頼したところ、リサイクル料金が必要だと威圧的に5万円を請求された。

【アドバイス】

不用品の回収は市の許可が必要です。無許可の業者に依頼すると、不法投棄などの不適正な処理や料金トラブルにつながります。依頼する前に、市の許可を受けた業者か確認しましょう。

 

消費者トラブルで困った時は、まずご相談を。

福岡市消費生活センター相談専用

電話092-781-0999

平日午前9時~午後5時 第2・4土曜日(電話相談のみ)午前10時~午後4時

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html