広告バナー


掲載号:2014/08/01   お知らせ

これからの季節 食中毒にご注意を   2014/08/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

これからの季節 食中毒にご注意を
 市は8月を食品衛生月間として食品の安全な取り扱いに対する啓発を行っています。
 今回、食中毒に詳しい中村学園大学短期大学部食物栄養学科の小田隆弘教授(66)に予防の注意点などを聞きました。

 夏は細菌による食中毒が多発する時期です。鶏肉の生食の危険性はあまり知られていません。予防方法の一つは食品を十分に加熱することです。たとえば冷蔵庫に入れていた鶏肉を冷たい状態で空揚げにすると、中心部まで十分に加熱されていないことがありますので気を付けてください。
 また、生肉の菌が調理器具や手を介して他の食品に付着する二次汚染による、食中毒にも注意が必要です。調理器具は使用後に塩素系漂白剤に浸して消毒し、しっかり乾燥させましょう。食中毒の予防には食品の取り扱いに対する意識の向上が大事です。

 ■新鮮でも危険
 昨年度、市内で発生した食中毒の半数は細菌のカンピロバクターによるものです。鶏肉を生や加熱不十分な状態で食べたことが主な原因と疑われています。
 カンピロバクター食中毒は潜伏期間が1~7日と長く、主な症状は下痢や発熱などです。症状が治まった後、呼吸困難や神経まひなどの重篤な症状になる厚労省認定の難病「ギラン・バレー症候群」を発症することもあります。肉は新鮮なものでも生ではなく、中心部まで十分に加熱(75度で1分以上目安)して食べましょう。
 ■野外調理のポイント
 夏は、野外でバーベキューをする機会も増えます。肉を扱う際は次のことに注意してください。
 ▽肉などの食材はクーラーボックス等で保冷する▽肉やハンバーグは中の赤みがなくなるまでしっかり焼く▽「焼きあがった肉を食べる箸」と「生肉を扱う箸やトングなど」は使い分ける▽野菜も肉汁が付いているかもしれないのでしっかり焼く。
 ■手洗いのタイミング
 調理前はもちろん、肉や魚を触った後や別の作業に取り掛かる際には手を洗いましょう。
 ■正しい手洗い
 食中毒予防には正しい手洗いも欠かせません。洗い残しのないようにしましょう。アルコール消毒をする場合は、必ず乾いた状態で行ってください。
 ▽指輪、時計等を外す▽流水で汚れを洗い流す▽せっけんを十分に泡立てて、30秒以上洗浄する▽10秒以上洗い流す▽清潔なタオルで拭き、乾燥させる-※2度洗いが効果的です。
 ■キャンペーンの実施
 市は8月1日(金曜)に食中毒予防の啓発リーフレットの配布を新天町周辺で行います。また各保健所では予防に関するパネル展示等も行っています。
 【問い合わせ先】
 食品安全推進課 電話092-711-4277   FAX092-733-5588


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


保険だよりの表 掲載号:2019/02/15   博多区

保健だより   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

保健だより 《問い合わせ・申込先》 <1>集団健診予約センター 電話 0120-985-902 FAX 0120-931-869 <2>健康づくり係 電話 092-419-1091 <3>母子保健係 電話 092-419-1095 <4>精神保健福祉係 電話 092-419-1092 <5>地域保健福祉課 電話 092-419-1100  … 続きを読む 保健だより


保健だよりの表 掲載号:2019/02/15   東区

保健だより   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

保健だより <1>健康づくり係 電話 092-645-1078 <2>精神保健福祉係 電話 092-645-1079 <3>母子担当 電話 092-645-1077 <4>医薬務係 電話 092-645-1081 <1>~<4> FAX 092-651-3844 <5>地域保健福祉課 電話 092-645-1088 … 続きを読む 保健だより


掲載号:2019/02/15   情報ボックス, お知らせ

あん摩・マッサージ・指圧等は保健所に届け出をしている施術所の利用を   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

あん摩・マッサージ・指圧等は保健所に届け出をしている施術所の利用を 「あん摩、マッサージ若(も)しくは指圧、はり又はきゅう」業を行うには、国が認定した学校・養成施設で3年以上学んだ後、国の免許を取得することが必要であり、違反した場合は罰則も定められています。マッサージ等は、有資格者による施術を受けるようにしましょう。 【問い合わせ】 地域医療課 電話 092-711-4264 FAX 092-73 … 続きを読む あん摩・マッサージ・指圧等は保健所に届け出をしている施術所の利用を


掲載号:2019/02/15   西区

ほやほやママの子育て教室   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

ほやほやママの子育て教室 初めて母親になった人のための教室です。 【日時】 2019年3月20日(水)午前10時~正午 【場所・問い合わせ】 西区保健福祉センター(保健所)講堂 【対象】 平成30年12月~平成31年1月生まれの子ども(第1子)とその保護者 【定員】 先着30組 【料金】 無料 【申し込み・問い合わせ】 電話かファクスで西区地域保健福祉課(電話 092-895-7080 FAX 0 … 続きを読む ほやほやママの子育て教室


保険だよりの表 掲載号:2019/02/15   中央区

保健だより   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

保健だより 《問い合わせ・申込先》 <1>予約センター 電話 0120-985-902 <2>健康づくり係 電話 092-761-7340 <3>母子保健係 電話 092-761-7338 <4>精神保健福祉係 電話 092-761-7339 <5>エイズダイヤル 電話 092-712-8391 FAX <1> 0120-93 … 続きを読む 保健だより


記事一覧


    福岡市中央区
    ふくおか市政だより 中央区版 発行:中央区企画振興課 電話 092-718-1013 FAX 092-714-2141
    Mail:kikaku.CWO@city.fukuoka.lg.jp
    中央区役所 〒810-8622 福岡市中央区大名2丁目5-31