掲載号:2014/08/15   お知らせ

薬物乱用はダメ!ゼッタイ。   2014/08/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

薬物乱用はダメ!ゼッタイ。

 甘い言葉に気を付けて

 覚せい剤や大麻などの薬物乱用は、急性中毒死や精神・身体の障害、薬物依存症等を引き起こすだけでなく、興奮・幻覚作用による犯罪の誘発など、人の心と体と人生を破壊します。薬物乱用は、ちょっとした好奇心で始まります。「ダイエットにいい薬がある」「疲れが取れる」など、甘い言葉で誘われても勇気を持って断ることが大切です。

 

 やめよう乱用!正しく学ぼう薬の知識

 市は9月7日(日曜)正午から午後4時半まで、天神イムズ地下2階で、ステージや麻薬探知犬の実演、薬物の怖さを学べるパネル展示などイベントを開催します。

 

 危険ドラッグ

 危険ドラッグとは、覚せい剤や大麻などの化学構造に似せて合成された物質等を乾燥植物などに混ぜ込んだものです。最近、危険ドラッグを使用して意識障害やおう吐などを起こし、病院に緊急搬送されたり死亡に至ったりする事例や、車を運転して暴走し、死傷者が出る事件が発生しています。

 福岡県警薬物銃器対策課の西川創二郎課長補佐(47)に話を伺いました。

 危険ドラッグは、ハーブやお香など、安全、合法な物のように装って繁華街やインターネット等で売られています。県では、平成25年中、危険ドラッグを使用したとみられる56人が救急隊により病院に搬送され、そのうち28人が20代の若者でした。国は、今年の4月1日から「改正薬事法」を施行。組織等による危険ドラッグの製造、販売等に加え、個人等による購入、所持、使用等についても処罰対象としました。違法薬物は、脳の神経を侵すだけでなく、一度でも使用すると、脳はその刺激を忘れないといわれており、薬物依存や後遺症に一生苦しむことになります。絶対に使用しないでください。

 【問い合わせ先】                                    地域医療課 電話092-711-4264  FAX092-733-5535

関連記事

中央体育館 パワーヨガ教室   掲載号:2018/04/01  

【申 込 み】はがきかファクスに教室名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて2018年4月15日(必着)までに中央体育館へ。応募多数の場合は抽選します。
【場 所】中央体育館 〒810-0042 赤坂二丁目5-5 
【費 用】 6,000円
【期 間】2018年5月7日~7月30日の月曜日(5月21日、6月18日、7月16日を除く)。全10回。午後7時15分~8時半 

福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ