枯山水(かれさんすい)の庭園 掲載号:2018/07/01   特集記事, 市政だより記事

博多旧市街 「福岡の原点」を歩く 第1回   2018/07/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

博多旧市街 「福岡の原点」を歩く 第1回

市は、歴史や伝統、文化が残る博多部を市民や観光客の皆さんに知ってもらい、楽しんでもらおうと「博多旧市街プロジェクト」を進めています。

博多祇園山笠発祥の地 承天寺

承天寺(福岡市博多区博多駅前一丁目)には、「山笠発祥の地」の碑があります。
鎌倉時代の仁治2(1241)年に、承天寺の開祖・聖一国師(しょういちこくし)が博多ではやった疫病を退散させるため、町人たちが担ぐ施餓鬼棚(せがきだな)に乗って聖水をまきながら、町を清める祈祷(きとう)を行いました。これが山笠の始まりと伝えられています。
追い山ならしと追い山笠の際には承天寺前に清道旗が立てられ、各流の台上がりが出迎える住職に一礼します。

枯山水(かれさんすい)の庭園
承天寺には同じく発祥といわれる「饂飩蕎麦(うどんそば)」「饅頭(まんじゅう)」の碑もあります。枯山水(かれさんすい)の庭園「洗濤庭(せんとうてい)」は、秋のライトアップイベントなどで特別に公開されます。また近くには、寺社町の入口となる博多千年門(せんねんのもん)もあります。
山笠の各行事のルート周辺には、歴史を感じられるスポットがたくさんあります。これらを紹介する「博多旧市街マップ」を、「博多町家」ふるさと館(福岡市博多区冷泉町)、はかた伝統工芸館(福岡市博多区上川端町)など周辺の施設や、天神・博多の観光案内所、情報プラザ(市役所1階)などで配布するほか、市ホームページ(「博多旧市街」で検索)にも掲載しています。山笠見物に併せて博多旧市街を巡ってみませんか。
洗濤庭(せんとうてい

■問い合わせ先/地域観光推進課

電話 092-711-4984

FAX 092-733-5901

関連記事

はかた伝統工芸館 夏休み 親子de博多の伝統工芸体験教室<1>博多張子(はりこ)<2>博多人形<3>博多織   掲載号:2019/07/01  

【申 込 み】電話かファクス、メール(メール  info@hakata-dentou-kougeikan.jp )に参加者全員の応募事項と希望日、メールアドレスを書いて、2019年7月1日から20日午後5時までにはかた伝統工芸館へ。来所でも受け付けます。3教室とも申し込み可(各教室1回のみ)。当選者のみ2019年7月22日までに通知。
【場 所】はかた伝統工芸館(博多区上川端町) 
【費 用】 1作品<1>1,500円<2><3>1,000円 
【期 間】2019年<1>8月16日(金)、17日(土)、18日(日)<2>19日(月)、20日(火)<3>24日(土)午後1時半~3時 

福岡・博多“深”発見まち歩き 「博多旧市街のまち歩き」   掲載号:2019/02/15  

【申 込 み】ファクスかメール(メール  event-bora@welcome-fukuoka.or.jp )に参加者全員の応募事項と希望日、代表者名を書いて福岡観光コンベンションビューローへ。
【場 所】集合は<1>博多座前(博多区下川端町)<2>地下鉄祇園駅改札口前 
【費 用】 800円(小学生以下300円) 
【期 間】2019年3月<1>2日(土)<2>16日(土)いずれも午後2時~4時半

福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131




福岡市ホームページ