掲載号:2018/07/15   福岡市東区

歩・歩・歩 さんぽ ボランティアのおすすめスポット  失われた博多大仏「称名寺」(しょうみょうじ)   2018/07/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

歴史

歩・歩・歩

さんぽ

ボランティアのおすすめスポット

失われた博多大仏「称名寺」(しょうみょうじ)

「歩(さ)・歩(ん)・歩(ぽ)・会」 西郷 寿太郎(85)

称名寺(馬出四丁目)は、弘安7(1284)年に創建された市内でも数少ない時宗の寺です。寺には、かつて「博多大仏」があり、市民に大変親しまれていました。

博多大仏の建立は、明治22(1889)年に神戸の能福寺から大仏の頭を譲り受け、これにふさわしい体を造ろうと思い立ったことに端を発します。

住職、門徒衆が奔走し、多額の寄付金の他、鋳造(ちゅうぞう)資材として青銅製手鏡の寄進を呼び掛け、4万5千余の青銅鏡を集めました。譲り受けた頭部も鏡も鋳潰(いつぶ)して、明治42(1909)年、ついに博多大仏が完成しました。

大仏は、当時旧片土居町(現下川端)にあった称名寺に安置され、その後、大正9(1920)年、寺の移転とともに現在の馬出に移されました。

当時の女性が大切に使っていた鏡を大量に鋳潰して建立され、人々が誇りにした博多大仏でしたが、昭和19年(1944)年、戦時下の金属供出命令により、失われてしまいました。

今は、主を失った基壇と台座が往時の面影を伝えています。

博多大仏・残っている台座

しょう名寺

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事

掲載号:2019/07/01  
福岡市東区

傾聴ボランティア養成講座  

【申 込 み】電話かファクス、はがき、メールで住所・氏名・電話番号を東区社会福祉協議会へ。2019年7月22日(月)必着。
【場 所】東区内に住む50歳以上で全回参加でき、講座終了後にボランティアとして活動できる人  定員 抽選20人  料金 無料 
【費 用】 無料 
【期 間】1 2019年7月30日(火) 傾聴とは何か なみきスクエア(千早四丁目) 2 2019年8月6日(火) 実践とワーク なみきスクエア(千早四丁目) 3 ※ 実習 各福祉施設等 4 2019年9月11日(水) 体験を終えて なみきスクエア 5 2019年9月19日(木) 活動説明 なみきスクエア
掲載号:2019/03/15  
福岡市東区

東区いきいきまちづくり提案事業募集  

【申 込 み】申請書等に必要事項を書いて、郵送(必着)または持参(平日午前9時〜午後5時)で東区企画振興課。詳しくは、2019年3月15日(金)以降に東区ホームページ(「東区いきいきまちづくり」で検索)や東区役所、東区内各公民館、なみきスクエア(千早四丁目)等で配布する応募要領をご確認ください

福岡市東区
ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1