福岡の「島」へ行こう ~市営渡船で行く福岡の島~  市内にある四つの島は、それぞれの島でしか味わえない魅力にあふれています。今度の休日は、船に揺られて小さな旅に出掛けてみませんか。 掲載号:2018/07/15   特集記事, 市政だより記事

福岡の「島」へ行こう ~市営渡船で行く福岡の島~   2018/07/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。
福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか
広告バナー

福岡の「島」へ行こう
~市営渡船で行く福岡の島~

市内にある四つの島は、それぞれの島でしか味わえない魅力にあふれています。今度の休日は、船に揺られて小さな旅に出掛けてみませんか。

<strong><noscript><img class=

姪浜旅客待合所 能古島・小呂島へ
場所 西区愛宕浜三丁目
博多駅、天神、姪浜から西鉄バス乗車~「能古渡船場」下車

博多旅客待合所(ベイサイドプレイス博多) 志賀島・玄界島へ
場所 博多区築港本町
博多駅、天神から西鉄バス乗車~「博多ふ頭」下車/地下鉄中洲川端駅から徒歩20分

<所要時間と料金>※いずれの便も1往復=島発・島戻りです。
【能古島~姪浜】
約10分(1日23往復、日・祝日は1日21往復)
料金 大人230円、小学生以下120円
【小呂島~姪浜】
約65分(月・水・金曜1日1往復、火・木・土・日曜1日2往復)
料金 大人1,760円、小学生以下880円
【志賀島~博多】
約30分(西戸崎経由1日15往復)
※月~土曜博多午前7時5分発は 志賀島直行のため20分
料金 大人670円、小学生以下340円
【玄界島~博多】
約35分(1日7往復)
料金 大人860円、小学生以下430円
※いずれも片道の料金です。1歳未満無料、大人1人につき小学生未満1人無料。
※各航路の時刻表はホームページ(「福岡市営渡船」で検索)に掲載しています。

志賀島航路「きんいん」

市営渡船には、自転車の持ち込みもできます。悪天候等により欠航になる場合があるので、利用の際は事前に最新の運航状況をご確認ください。運航状況は、ホームページ( http://www.norimono-info.com/ )にも掲載しています。
※玄界島・小呂島には飲食店や宿泊施設はありません。
■市営渡船の運航に関する問い合わせ先/
博多旅客待合所 電話 092-291-1084 FAX 092-281-5329
姪浜旅客待合所 電話 092-881-8709 FAX 092-891-5201

志賀島
※渡船場から勝馬方面へ
西鉄バス、志賀島島内線(ぐり~ん号)の運行あり。
面積/5.87キロ平方メートル 周囲/12キロメートル

志賀島 ※渡船場から勝馬方面へ 西鉄バス、志賀島島内線(ぐり~ん号)の運行あり。 面積/5.87キロ平方メートル 周囲/12キロメートル

ちはやぶる 鐘の岬を 過ぎぬとも
われは忘れじ 志賀の皇神
(「万葉集」巻七 一二三〇)

ちはやぶる 鐘の岬を 過ぎぬとも われは忘れじ 志賀の皇神  (「万葉集」巻七 一二三〇)

「波の激しい鐘の岬を 無事通過しても 私は忘れない それが志賀の海神のおかげだということを」の意(詠み人知らず)。この句が刻まれた万葉歌碑1号基は、志賀海神社の境内にあります。
能古島の也良(やら)岬を望む金印公園の展望広場。スロープの園路等が整備され、今年3月にリニューアルオープンしました。

●陸続きの島
博多湾の玄関口に位置する志賀島(しかのしま)(東区)は、砂や小石が堆積した砂州で本土と陸続きになった、全国的にも珍しい陸繋島(りくけいとう)です。
海の中道には潮が満ちると通行できなくなる場所があるため、昭和初期に最初の橋が架けられました。現在の橋は、平成17年の福岡県西方沖地震で使用できなくなったために、同23年に架け替えられたものです。
●歴史と自然の島
後漢の光武帝が倭国(わこく)の使者に与えたとされる「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」金印が、天明4(1784)年にこの島で発見されたと伝えられています。※国宝・金印は、現在市博物館(早良区百道浜三丁目)で展示。
志賀島の人々の生活や思いは、古代から歌に詠み継がれてきました。万葉集には志賀島に関する歌が23首詠まれ、その万葉歌碑が島内に9基、志賀中学校(東区大岳四丁目)正門左側に1基あります。
展望台がある潮見公園(標高約170メートル)からは、海の中道や、福岡タワーなどが並ぶ対岸の景色を楽しむことができます。
島の南側は、志賀島漁港と弘(ひろ)漁港がある漁村地帯です。なだらかな地形の北側には勝馬(かつま)の農村地帯が広がり、海岸線は海を眺めながら走れるサイクリングやドライブコースとしても人気です。また、これからの季節は志賀島・勝馬の両海水浴場は多くの人でにぎわいます。

志賀島産「あまおう」を使った ソフトクリームは休暇村志賀 島で(商品は季節によって 異なる場合があります渡船場の近くには、民家を改装しカフェ を併設したレンタル自転車店も

志賀海神社

志賀海神社
渡船場から徒歩約10分。志賀海神社は、古くから「海神の総本社」「龍の都」とたたえられ、海の守り神として信仰されています。
毎年8月6日、7日には、博多湾岸一円の漁師たちが大漁旗を掲げ、漁の安全と大漁を祈願して参拝する「七夕祭」が開催されます。境内や参道には灯明や灯籠も点灯し、神社は幻想的な光に包まれます。
ホームページ www.shikaumi-jinja.jp/

玄界島
面積/1.14キロ平方メートル 周囲/4.4キロメートル
玄界島 面積/1.14キロ平方メートル 周囲/4.4キロメートル

港周辺の防波堤や沖波止などが釣りのスポットです。これからの季節は、アジやイカ、スズキ、キスなどさまざまな種類の魚が釣れます。

港周辺の防波堤や沖波止などが釣りのスポットです。これからの季節は、アジやイカ、スズキ、キスなどさまざまな種類の魚が釣れます。

●市内有数の釣りスポット
玄界島(西区)には、主に漁業をなりわいに約500人が暮らしています。最高海抜218メートルの島には平地がほとんどなく、整備された急斜面に家が並びます。平成17年の福岡県西方沖地震で家屋の約7割が全半壊するなど甚大な被害を受けましたが、約3年で復興を遂げました。
島には近松門左衛門の浄瑠璃にも影響を与えた「百合若(ゆりわか)伝説」が息づき、それにちなんだ地名なども残っています。
徒歩約1時間で1周でき、観光のほか、年間を通じて楽しめる釣りの名所としても親しまれています。

百合若伝説

百合若伝説
平安時代、百合若という豊後の武将が新羅(しらぎ)との戦の帰りに玄界島に立ち寄りましたが、部下の別府兄弟の陰謀で置き去りにされます。百合若は、鷹(たか)の「緑丸」を使って故郷の妻・春日姫と連絡を取り、部下の裏切りを知りました。漂流船に助けられ帰還した百合若は、得意の弓矢で兄弟を射抜き、後に大臣となり妻と幸せに暮らしました。

小呂島
面積/0.43キロ平方メートル 周囲/3.4キロメートル

小呂島 面積/0.43キロ平方メートル 周囲/3.4キロメートル
毎年7月15日に行われる「小呂山笠」。小呂島独特の節回しで「祝いめでた」がうたわれます。

毎年7月15日に行われる「小呂山笠」。小呂島独特の節回しで「祝いめでた」がうたわれます。
●漁場と美しい海
姪浜旅客待合所から北西へ約40キロ、玄界灘に浮かぶ離島・小呂島(おろのしま)(西区)は、漁港付近に73世帯・200人余りが暮らす、福岡市最西最北端の小さな島です。南斜面の中腹まで段々畑が続き、島の中央には原始林や砲台跡などの戦時遺構がひっそりと残っています。
男性は旋網(まきあみ)船団で活躍し、女性は海女として海にもぐる人もいる漁業の島で、日帰りで往復できるのは火・木・土・日曜のみ(滞在3時間)。荒波などで渡船が欠航になることもあります。

海の幸をご家庭で

しょうゆダレ・柚子胡椒味各540円、塩こうじ・ 梅しそ味各648円
小呂島の漁師飯の代表格「こねくり」は、甘口しょうゆにゴマなどを入れた特製づけだれをヤズやイサキなどと混ぜて作る料理です。この「こねくり」をヒントに作られたのが、フレーク「小呂島漁師のしまごはん」。小呂島で取れた天然ブリのみを使い、全て小呂島で一つ一つ丁寧に手作りされています。販売先など詳しくは市ホームページ(「ふくおかさん家のお気に入り」で検索)をご覧ください。

フレーク

能古島
面積/3.95キロ平方メートル 周囲/12キロメートル
※渡船場~アイランドパーク間の西鉄バス運行あり。

能古島 面積/3.95キロ平方メートル 周囲/12キロメートル ※渡船場~アイランドパーク間の西鉄バス運行あり。

沖つ鳥 鴨(かも)とふ小舟の 還(かえ)り来ば
也良(やら)の崎守(さきもり) 早く告げこそ
(「万葉集」巻十六 三八六六)

沖つ鳥 鴨(かも)とふ小舟の 還(かえ)り来ば 也良(やら)の崎守(さきもり) 早く告げこそ  (「万葉集」巻十六 三八六六)

「崎守」は筑紫に派遣され国防に当たった防人のことで、「鴨」は遭難した船の名。帰らぬ人となった夫を恋い慕う妻子の悲しみを筑前守(ちくぜんのかみ)・山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ歌で、この万葉歌碑が也良岬にあります。
能古島の渡船場付近からは、シーサイドももち地区など対岸の街並みが望めます。
●自然の中で思いきり遊ぼう
博多湾の真ん中に浮かぶ能古島(のこのしま)(西区)は、姪浜旅客待合所から直線距離でわずか2キロほどの距離にありながら、美しい自然が満喫できる島です。自然の中に身を置きながらも都市のざわめきを感じられる場所として、放浪の作家・檀一雄氏が終(つい)の棲(す)み処(か)に選んだ地でもあります。
古代には防人(さきもり)が置かれ万葉集にも歌われた歴史ある島で、7世紀頃に作られた「早田(そうた)古墳」や、江戸時代に鹿の猟場だった名残りの「鹿垣」などの遺跡も多く残っています。
「能古島キャンプ村」のヤシの木と白い砂浜は、まるで南国のリゾート地のようで、海水浴スポットとしても人気です。また、「のこのしまアイランドパーク」(入場有料)は、春は菜の花、夏はヒマワリ、秋はコスモス、冬は水仙など四季折々の花を楽しむことができる花の名所。園内ではウサギやヤギなどの動物と触れ合うことができ、名物の「能古うどん」などが味わえる飲食店や、パターゴルフやアスレチックなどの設備も充実しています。

山頂195㍍にある展望台。360度の パノラマで、遠く小呂島も眺望できるパーク内の花壇には7月下旬までマリー ゴールドが咲き誇る
渡船場周辺には、売店や飲食店のほか、能古島の歴史や民俗資料等を展示する能古博物館(金・土・日曜・祝日開館。有料)もあります。能古島は1日では遊び尽くせない、見どころいっぱいの島です。

名物・のこバーガーと 夏みかんジュースは渡 船場前の売店で

各島のパンフレット等は、情報プラザ(市役所1階)や市観光案内所(天神・博多駅)で配布しています。

こんなお土産も

「能古島の片想い」(
井上陽水さんが能古島を訪れ作った「能古島の片想い」(1972年発売のアルバムに収録)のCDシングルが、のこのしまアイランドパークの売店等で販売されています。ジャケットのイラストを、福岡市出身のグラフィックデザイナーで市地下鉄のロゴマークなどで知られる故・西島伊三雄さんが手掛けました。能古島限定の貴重なCDです。

福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか
広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

福岡市LINE公式アカウント開始、友達追加で選んだ情報が届きます。

関連記事


掲載号:2018/09/15   早良区

特集 早良区の 秋の魅力を 見つけに行こう さわらの秋 パンフレット配布中   2018/09/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 特集 早良区の 秋の魅力を 見つけに行こう さわらの秋 脊振山系に抱かれた早良区は豊かな自然と近代的なまちが融合した地域です。「さわらの秋」をテーマに、早良区の魅力を広く紹介します。 【問い合わせ先】 早良区企画課 電話 092-833-4412 FAX 092-846-2864 パンフレット配布中 飲食店やカフェ、パン、雑貨店など68の協賛店や、早良区内のイベント、見どころ、特産品な … 続きを読む 特集 早良区の 秋の魅力を 見つけに行こう さわらの秋 パンフレット配布中


掲載号:2018/09/15   西区

西区まるごと博物館のイベント 知ってとくする!!西区歴史講座   2018/09/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー西区まるごと博物館のイベント 【問い合わせ】 西区まるごと博物館推進会事務局(西区企画振興課内) 電話 092-895-7032 FAX 092-885-0467 知ってとくする!!西区歴史講座 「福岡藩の幕末維新」をテーマに、市博物館の職員が解説します。 【日時】 10月27日(土)午後2時~4時 【場所】 西市民センター4階視聴覚室 【定員】 抽選で50人 【料金】 無料 【申し込み … 続きを読む 西区まるごと博物館のイベント 知ってとくする!!西区歴史講座


五趣生死輪図(ごしゅしょうじりんず) 江戸時代 掲載号:2018/09/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

特別展 浄土九州~九州の浄土教美術~   2018/09/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー特別展 浄土九州~九州の浄土教美術~ 【日時】 9月15日(土)~11月4日(日) ※一部展示替えあり 【場所】 市博物館(早良区百道浜三丁目) 【開館時間】 午前9時半~午後5時半(入館は5時まで) 【休館日】月曜日(祝休日の場合は翌平日) 【料金】 一般1300(1100)円、高大生900(700)円※かっこ内は前売り 九州全域の浄土教美術約200点が集結 「南無阿弥陀仏」の念仏で知 … 続きを読む 特別展 浄土九州~九州の浄土教美術~


掲載号:2018/09/01   城南区

城南市民カレッジ講演会   2018/09/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー城南市民カレッジ講演会 市博物館で9月15日(土)~11月4日(日)に「浄土九州~九州の浄土教美術~」が開催されることに伴い、市博物館の学芸員が、多彩な浄土教美術の魅力と見どころを解説します。 【日時】 9月18日(火)午後1時半~3時半 【場所】 城南市民センター 【問い合わせ】 城南区生涯学習推進課 電話 092-833-4043 FAX 092-822-2142 【定員】 先着50 … 続きを読む 城南市民カレッジ講演会


掲載号:2018/09/01   早良区

「サザエさん通り」を生かしたまちづくり 講演会&上映会   2018/09/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー 「サザエさん通り」を生かしたまちづくり 講演会&上映会 市博物館・有馬館長の講演や映画「サザエさんとエプロンおばさん」の上映を行います。市民の皆さんから寄せられた長谷川町子さんゆかりの品も展示します。


記事一覧


    福岡市早良区
    ふくおか市政だより 早良区版 発行:早良区企画課 電話 092-833-4307 FAX 092-846-2864
    Mail:kikaku.SWO@city.fukuoka.lg.jp
    早良区役所 〒814-8501 福岡市早良区百道2丁目1-1