南区版4月6日~15日は「春の交通安全運動」期間です

4月6日~15日は「春の交通安全運動」期間です

子ども・高齢者を交通事故から守る

 新入生の登下校を見守ります

 4月6日から15日までの10日間、「春の交通安全運動」が全国で実施されます。特にこの時期は、保護者と一緒に過ごしていた子どもが、入学や入園を機に一人で行動する機会が増えるため、区は警察や地域と連携して事故防止に取り組んでいます。区内の各校区では、始業式・終業式の日に地域のボランティアや保護者5000人が通学路の交差点などで児童を見守る「子どもたちを守ろう5000人大作戦」を行っています。

 塩原小学校の通学路で毎朝の見守りを続けている南地域交通安全活動推進委員の田中欽一さん(79)は、「子どもたちの『いつもありがとうございます』というお礼の言葉や、毎朝のあいさつに私も元気をもらっています」と話していました。

 反射材を無料配布しています

 高齢者の歩行中の交通事故が、夜間に多く発生しています。事故防止のため、日頃から明るい色の服を着用し、反射材を身に着けましょう。

 福岡南交通安全協会は、高齢者の交通事故防止のために、反射材を無料配布しています。 ※1世帯二つまで。無くなり次第終了▽場所=同協会(南警察署1階)、区総務課(区役所2階43番窓口)▽時間=午前10時~午後5時

 【問い合わせ先】区総務課 電話559-5063 FAX561-2130

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html