櫛田神社境内にある博多塀 掲載号:2018/10/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

博多旧市街 「福岡の原点」を歩く 第4回   2018/10/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。
LINE福岡市公式アカウント
広告バナー

博多旧市街
福岡の原点」を歩く 第4回

市は、歴史や伝統、文化が残る博多部を市民や観光客の皆さんに知ってもらい、楽しんでもらおうと「博多旧市街プロジェクト」を進めています。
博多のシンボル「博多塀(べい)」
戦国時代、博多の町は多くの戦に巻き込まれ荒廃しました。天正15(1587)年に九州平定を成し遂げた豊臣秀吉は、黒田官兵衛(後の如水(じょすい))や石田三成などに博多の復興を命じ、町の整備「太閤(たいこう)町割り」を行いました。その際に、戦火で残った焼け石や焼け瓦を再利用して粘土で固め、土塀として築いたものが「博多塀」です。
町割りに協力した博多の豪商の一人・嶋井宗室(しまいそうしつ)の屋敷にも博多塀が築かれました。太平洋戦争後の戦火を逃れたその塀は、昭和45(1970)年に櫛田神社(上川端町)の境内に移築復元されました。現在も平和への願いが込められた記念碑として残っています。博多塀は妙楽寺(御供所町)などにも残っています。

櫛田神社境内にある博多塀文化9 (1813) 年の博多近隣古図 の石碑。大同庵跡 古渓水の敷地内に あり、 町の境目や町名が分かります
ちなみに山笠の流(ながれ)は太閤町割りが起源といわれており、奈良屋町には当時の町割りを記した石碑があります。
市ホームページ(「よかなび 博多旧市街」で検索)で、博多旧市街エリアのさまざまな散策コースを紹介しています。10~11月には、秋の博多を彩る催し「博多秋博」も開催されます。博多旧市街エリアの魅力あるスポットを散策してみませんか。

【問い合わせ】地域観光推進課

電話 092-711-4984

FAX 092-733-5901

LINE福岡市公式アカウント
広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

福岡市LINE公式アカウント開始、友達追加で選んだ情報が届きます。

記事一覧


    福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
    ●編集・発行
     福岡市広報課 電話 092-711-4016
    ●市政だより配布 産交ミック福岡支店 
     フリーダイヤル 0120-544-894
    ●市政に関するご意見・要望・相談などは
     広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
    ●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
    ●区役所代表電話 
     東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


    福岡市ホームページ