市美術館 掲載号:2018/10/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

市美を彩る名匠たち   2018/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市美を彩る名匠たち

市美術館が、2019年3月21日(木・祝)にリニューアルオープンします。市美術館には、古美術から近現代美術まで、有名作家の作品がそろいます。その中から代表的な作家を紹介します。

市美術館

第1回
サルバドール・ダリ(1904~1989)

 

ダリといえば、ぎょろりと見開いた目、ピンと跳ね上がったひげという独特の風貌を思い浮かべる人も多いでしょう。20世紀美術史の中で有名な画家の一人ともいえます。
スペイン・カタルーニャ地方の小都市フィゲラスの裕福な家に生まれ育ったダリは、早くから芸術的な才能を開花させ、パリを中心に広がった芸術運動・シュルレアリスム(超現実主義)に傾倒していきます。
彼は目に見えるものではなく、無意識のうちに湧き出てくるイメージを描きました。溶けた時計や燃えるキリンなどがその例で、現実ではあり得ない、まるで夢の中の世界を見ているような感覚を抱かせます。
彼は、舞台美術や映画制作など多彩な分野で活動し、棒付きキャンディー「チュッパチャプス」のロゴマークのデザインも手掛けました。
市美術館は、ダリの大作《ポルト・リガトの聖母》(1950年)を所蔵しています。3月のリニューアルオープンをお楽しみに。

チュッパチャプス
■問い合わせ先/市美術館

電話 092-714-6054

FAX 092-714-6145

リニューアルオープン前の美術館でイベントを開催

<ア>ファミリーDAY2018 家族で楽しむアートミュージアム

秘密基地やオリジナルの武具作りなど、いろいろなワークショップに参加しよう。

段ボールで秘密基地を作 ります

<イ>美術館見学ツアー

美術品が飾られる前の館内を巡ります。

【日時】<ア>2018年11月3日(土・祝)午前11時~、午後2時~(各2時間)

<イ>2018年11月4日(日)午前10時半~、午後2時~(各1時間半)

【場所】 市美術館(中央区大濠公園)

【対象】 <ア>中学生以下の子どもと保護者<イ>不問

【定員】 <ア>各50組<イ>各30人(いずれも抽選)

【申し込み】 往復はがきかメールに、参加者全員の氏名、年齢(<ア>のみ)、住所、電話番号、希望の時間を書いて、2018年10月22日(必着)までに下記申込先へ。<イ>は1通につき2人まで。

【問い合わせ・申込】<ア>=市美術館「ファミリーDAY係」(〒810-0043中央区城内2-5)

電話 092-714-6054

FAX 092-714-6145

メール  workshop@fukuoka-art-museum.jp

<イ>=西日本新聞イベントサービス内「美術館見学ツアー係」

(〒810-0001中央区天神1-4-1)

電話 092-711-5491

FAX 092-731-5210

メール  fam-event@nishinippon-event.co.jp


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


掲載号:2018/11/15   西区

文化講座 ~美術館を知ろう~   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

文化講座 ~美術館を知ろう~ 市美術館の副館長が、美術館の楽しみ方や所蔵するコレクション、リニューアルについて話します。 【日時】 2018年12月14日(金)午後1時半~3時 【場所】 さいとぴあ 【定員】 先着30人 【料金】 無料 【申し込み・問い合わせ】 西部図書館(電話 092-807-8802 FAX 092-807-8884)へ電話するか窓口へ。2018年11月15日(木)から受け付 … 続きを読む 文化講座 ~美術館を知ろう~


掲載号:2018/11/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

市美を彩る名匠たち   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市美を彩る名匠たち 市美術館が、2019年3月21日(木・祝)にリニューアルオープンします。市美術館には、古美術から近現代美術まで、有名作家の作品がそろいます。その中から代表的な作家を紹介します。 第2回 アンディ・ウォーホル(1928-1987) アメリカ・ピッツバーグで生まれたウォーホルは大学卒業後ニューヨークに移り住み、商業デザイナー、イラストレーターを経て、1960年代初頭には、スープ缶や … 続きを読む 市美を彩る名匠たち


掲載号:2018/11/15   情報ボックス, 催し

福岡城と城下町まち歩き①築城の名手“黒田父子”の縄張りを歩く②福岡藩の城下町を偲(しの)ぶ   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

催し 福岡城と城下町まち歩き①築城の名手“黒田父子”の縄張りを歩く②福岡藩の城下町を偲(しの)ぶ ①福岡城の天守閣や多聞櫓(たもんやぐら)など②城下町の名残りをたどりながら中央区舞鶴周辺などを巡ります。 【日時】 2018年12月8日(土)、9日(日)①午前10時~②午後1時~ 【場所】 集合は①福岡市美術館東口バス停②市役所1階ロビー 【問い合わせ】 市観光案内ボランティア協会 電話 … 続きを読む 福岡城と城下町まち歩き①築城の名手“黒田父子”の縄張りを歩く②福岡藩の城下町を偲(しの)ぶ


掲載号:2018/11/15   講座・教室, 情報ボックス

市美術館  つきなみ講座「英語を介したアートの制作現場の醍醐味(だいごみ)」   2018/11/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

講座・教室 市美術館 つきなみ講座「英語を介したアートの制作現場の醍醐味(だいごみ)」 【日時】 2018年11月17日(土) 午後3時~4時(受け付けは2時半から) 【場所】 市博物館(早良区百道浜三丁目) 【問い合わせ】市美術館学芸課 電話 092-714-6054 FAX 092-714-6145 【定員】 30人(先着) 【料金】 無料 【申し込み】 不要


掲載号:2018/10/15   講座・教室, 情報ボックス

市美術館 つきなみ講座『雲中庵茶会記(うんちゅうあんちゃかいき)』にみる茶人・松永安左エ門   2018/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

  講座・教室 市美術館 つきなみ講座『雲中庵茶会記(うんちゅうあんちゃかいき)』にみる茶人・松永安左エ門 【日時】 2018年10月20日(土) 午後3時~4時(受け付けは2時半から) 【場所】 アジア美術館あじびホール(博多区下川端町 リバレインセンタービル8階) 【問い合わせ】 市美術館学芸課 電話 092-714-6054 FAX092-714-6145 【定員】 50人(先着) … 続きを読む 市美術館 つきなみ講座『雲中庵茶会記(うんちゅうあんちゃかいき)』にみる茶人・松永安左エ門


記事一覧


    福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
    ●編集・発行
     福岡市広報課 電話 092-711-4016
    ●市政だより配布 産交ミック福岡支店 
     フリーダイヤル 0120-544-894
    ●市政に関するご意見・要望・相談などは
     広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
    ●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
    ●区役所代表電話 
     東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131




    福岡市ホームページ