ステップアップ型避難所運営訓練の図 掲載号:2018/12/15   福岡市早良区

5校区合同 地域防災力を高める ステップアップ型 避難所運営訓練   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

5校区合同 地域防災力を高める

ステップアップ型避難所運営訓練

百道浜、西新、百道、高取、室見の5校区は、福岡市早良区内でも女性や未就学児の割合が多い地域です。災害時の避難所では、食料の確保に目が向けられがちで、女性や子育て世帯などへの配慮が後回しにされることがあります。さまざまな立場の人への配慮が必要だと気付かされた近年の大災害の教訓を踏まえ、市と防災協定を結ぶ西南学院大学で5校区合同の避難所運営訓練が開催されました。3段階で行う区内初の「ステップアップ型」訓練です。

ステップアップ型避難所運営訓練の図

ステップ1 事前学習会 自分たちで考える

事前に行われたステップ1の学習会には、校区ごとに自主防災組織の皆さんが集まりました。被災経験のある親の声を全国に届ける、かもんまゆさんの「自分たちの命は自分たちで守る」というの言葉に、災害への心構えを新たにしました。

また、地域の皆さんが中心となる「自助・共助」、女性や子育て世帯に配慮すること、学生も運営の担い手となることをポイントに、みんなで避難所のレイアウトを検討しました。防犯の観点から入り口を一つにするなど、ステップ2の実践訓練に向けて各校区で独自の工夫を凝らしていました。

事前学習会の写真

ステップ2 実践訓練 みんなで体験

訓練当日の2018年10月27日、西南学院大学体育館で、まずは校区ごとに避難者名簿への記入から始めました。

訓練には被災経験がある熊本県御船町の人など、5校区以外からも参加し、約400人が集まりました。西南学院大学の学生も各校区に分かれ、地域の皆さんと一緒に避難所の設営を開始。

避難所設営の写真

ステップ1で考えたレイアウトをもとに、中学生も交え段ボールの間仕切りの組み立てなどに取り組みました。完成後は、情報伝達や物資の搬送の訓練を行いました。

また、タオルとビニール袋を使ったおむつ作りや、救援物資が入っていた段ボールを利用したベッド作りなど、避難所生活をより良くする工夫も学びました。1歳半の子どもを連れて参加した酒井鉄也さん(41)と真理さん(34)は「おむつは思ったより簡単に作れて、いざというとき役立つと思いました。避難所でも子どものことが一番心配です。授乳室や間仕切りがあると安心します」と話しました。

おむつ作りの写真

他にも、災害食を少しアレンジするだけで水を節約する方法の実演や、実際に被災した母親の目線で災害時にすべきことを伝える講話、福岡歯科大学歯科医師による水や歯ブラシがないときの口腔ケアについての講話などもありました。

テント設営の写真

ステップ3 振り返りへ

訓練最後には各校区代表者から「定期的に訓練をすることで、自助・共助の力が高まると感じた」「身体障がい者のためのトイレなどさらに配慮すべき点が見つかった」などの声が聞かれました。かもんさんから講評があり「実際にやってみて分かることも多いと思います。災害時は慌てがちです。平時の訓練で動けるようになることが大切です」との言葉を参加者は真剣に聞いていました。

高取校区の皆さんと訓練した西南学院大学3年の篠崎結衣さんは「今日学んだことをうまく実践できるか分かりませんが、訓練に参加して少し自信が生まれました」と話しました。

今後、校区ごとにステップ3の訓練の振り返りが行われ、継続的に災害への備えを強めていきます。皆さんも、いつくるか分からない大災害に備え、できることから始めましょう。

【問い合わせ先】福岡市早良区総務課

電話 092-833-4304

FAX 092-846-2864

申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事

東体育館の教室 朝からスッキリ!!ボディメンテナンス1   掲載号:2019/06/01  

【申 込 み】往復はがきに、教室名・参加者の住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を記入して、 東体育館(〒813-0003東区香住ケ丘一丁目12-2)へ。2019年6月15日(土)必着。 
【場 所】東体育館
【費 用】3,200円 
【期 間】2019年7月3日~8月28日の水曜日(8月14日を除く)。午前9時半~10時半。全8回。

東市民プール・東体育館の教室   掲載号:2019/05/15  

【申 込 み】往復はがきに、教室名・住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を書いて各施設へ。2019年5月31日(金)必着。
【場 所】東市民プール(〒813-0043東区名島二丁目42-1),東体育館(〒813-0003東区香住ケ丘一丁目12-2)
【費 用】東市民プール5,200円・東体育館5,800円
【期 間】東市民プール2019年6月19日~8月21日の水曜日午前10時~11時(7月31日、8月14日を除く)。東体育館2019年 7月26日~9月13日の金曜日午後7時半~9時

中央児童会館「あいくる」5・6月の事業(一部抜粋) お手玉あそび 5/18(土)14:00~15:30 幼児~高校生   掲載号:2019/05/15  

【申 込 み】<1>~<4>不要<5>電話かファクスで、2019年6月1日以降に中央児童会館「あいくる」へ。
【場 所】中央児童会館「あいくる」中央区今泉一丁目19-22
【費 用】<1>~<4>無料<5>100円 
【期 間】<1>お手玉あそび 5/18(土)14:00~15:30 幼児~高校生<2>みんなであそぼう(積み木あそび) 5/19(日)14:00~16:00 幼児~高校生<3>あかちゃんといっしょ(乳幼児の親子あそび) 5/22(水)10:30~11:30 まだ一人で歩けない乳幼児<4>ふれあいひろば(お手玉あそび) 5/26(日)14:00~15:00 幼児~高校生<5>おもちゃ病院(おもちゃの修理) 6/16(日)10:00~14:00 幼児~高校生※その他、乳幼児を対象にした親子遊びを実施。詳細はホームページで確認を。

中央児童会館「あいくる」 5月の事業(一部抜粋)こどもカーニバル(工作、体を動かす遊びなど) 5/5(日・祝)10:00~16:00 幼児~高校生   掲載号:2019/05/01  

【申 込 み】<1><2><3>不要<4>電話かファクスで、2019年5月8日以降に中央児童会館へ。
【場 所】中央児童会館(中央区今泉一丁目) 
【費 用】<1><2><3>無料<4>1組200円 
【期 間】<1>5/5(日・祝)10:00~16:00 <2>5/12(日)13:30~14:30 <3>5/15(水)10:00~12:00 <4>5/22(水)10:00~12:00

さん・さんプラザ(障がい者スポーツセンター) アスリートバドミントン教室   掲載号:2019/05/01  

【申 込 み】5月1日からさん・さんプラザで配布する申込書を同プラザへ。当選者のみ通知。
【場 所】<1><3>さん・さんプラザ(南区清水一丁目)<2>市民体育館(博多区東公園) 
【費 用】<1>無料<2><3>有料(詳細は問い合わせを) 
【期 間】2019/5/12~来年3/8の原則第2日曜日18:00~21:00(連続講座) 8人

中央体育館 おはYOGA   掲載号:2019/05/01  

【申 込 み】はがきかファクスに教室名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて5月1日から5月15日(水)必着で同体育館へ。応募多数の場合は抽選し当選者のみ通知します。ホームページ(「福岡市 中央体育館」で検索)からも申し込み可。
【場 所】中央体育館 〒810-0042中央区 赤坂二丁目5-5
【費 用】10,500円
【期 間】2019年 6月1日~2019年9月21日の土曜日(7月27日、8月31日を除く)午前9時半~10時45分。全15回

福岡市中央区
ふくおか市政だより 中央区版 発行:中央区企画振興課 電話 092-718-1013 FAX 092-714-2141
Mail:kikaku.CWO@city.fukuoka.lg.jp
中央区役所 〒810-8622 福岡市中央区大名2丁目5-31