掲載号:2018/12/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

地域の子どもの未来のために 「養育里親」を募集しています   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

地域の子どもの未来のために
「養育里親」を募集しています

子どもたちは、保護者の深い愛情に包まれ健やかに育つことが望まれます。しかし、保護者がいない子どもや、保護者の病気・生活苦などの事情で家庭から離れて生活せざるを得ない子どもたちもいます。
養育里親とは
一時的に家庭での養育が困難になった子どもや家庭を失った子どもを自分の家庭に迎え入れ、正しい理解と深い愛情を持って一定期間育てる人を「養育里親」といいます。
現在、養育里親として約100家庭が市に登録されていますが、一時的でも自宅を離れざるを得ない子どもは常時400人以上を数えます。養育里親はまだまだ不足しています。
養育里親になりませんか
子どもが健やかに成長していくためには、特に幼少期を家庭的な養育環境で暮らすことが大切です。
市は、子どもたちを家庭に迎え入れ、保護者が子どもを引き取れるようになるまで、または子どもが自立するまで養育する里親を募集しています。
▽乳幼児を養育する▽短期(1日~数カ月程度)で養育する▽長期(18歳になるまで)で養育する▽転校しなくてもいいように同じ校区の子どもを養育する-など、さまざまな養育里親が求められています。

里親には、「養育里親」の他に要保護児童との養子縁組を希望する「養子縁組里親」、非行等の問題を有する児童や被虐待児童、障がいのある児童を養育する「専門里親」、祖父母など親族が養育する「親族里親」があります。里親について詳しく知りたい場合は、こども支援課までお問い合わせください。
また、市は職員が地域等に出向いて里親制度について説明する「出前講座」(無料)も行っています。「子どもたちの現状を知りたい」「なぜ里親が必要なの」「里親になるためにはどうしたらいいの」など、里親制度のことを知るきっかけとしてぜひご利用ください。
■問い合わせ先/市こども総合相談センター・こども支援課

電話 092-832-7100

FAX 092- 832-7830

養育里親になるためには
特別な資格は必要ありません。子どもの養育についての理解や熱意、子どもに対する愛情を持っていれば、誰でも申し込むことができます(その他要件あり)。
まず面接を行い、養育里親になるための研修や、乳児院・児童養護施設での実習を受講し、家庭訪問・調査・審査を経て、養育里親として登録されます。登録後は、専門員が養育のサポートをするほか、里親同士の交流会等も行われます。
里親登録への申し込みは、NPO法人キーアセット(電話 092-406-6351 FAX 092-406-6352 メール  info@keyassetsnpo.jp )へ。

養育里親への支援
養育里親には、子どもの養育に必要な生活費等が市から支給されます。
〈1カ月当たり〉

▽一般生活費=児童50,570円、乳幼児58,310円

▽教育費=小学校2,170円、中学校4,300円、公立高校22,910円、私立高校33,910円

▽給食費=小・中学校ともに実費
※短期の場合は日割り計算。
※この他、里親手当や医療費、里親受託費、入進学支度金、就職支度金等を支給。

関連記事

掲載号:2019/09/15  
紙面お知らせ, 市政だより記事

●中村学園大学(城南区)「新しい時代を生きる」 A=「食の温故創新」、B=「『感性』の耕しを」「初春令月・気淑風和」、C=「折り紙で脳のトレーニング」「食文化から観(み)る未来の食」  

【場 所】中村学園大学(城南区)
【期 間】2019年 A=10月5日(土)午後1時~3時5分、B=11月2日(土)、C=12月7日(土)、B・Cはいずれも午後1時5分~3時55分

福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ