掲載号:2018/12/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

地域の子どもの未来のために 「養育里親」を募集しています   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

地域の子どもの未来のために
「養育里親」を募集しています

子どもたちは、保護者の深い愛情に包まれ健やかに育つことが望まれます。しかし、保護者がいない子どもや、保護者の病気・生活苦などの事情で家庭から離れて生活せざるを得ない子どもたちもいます。
養育里親とは
一時的に家庭での養育が困難になった子どもや家庭を失った子どもを自分の家庭に迎え入れ、正しい理解と深い愛情を持って一定期間育てる人を「養育里親」といいます。
現在、養育里親として約100家庭が市に登録されていますが、一時的でも自宅を離れざるを得ない子どもは常時400人以上を数えます。養育里親はまだまだ不足しています。
養育里親になりませんか
子どもが健やかに成長していくためには、特に幼少期を家庭的な養育環境で暮らすことが大切です。
市は、子どもたちを家庭に迎え入れ、保護者が子どもを引き取れるようになるまで、または子どもが自立するまで養育する里親を募集しています。
▽乳幼児を養育する▽短期(1日~数カ月程度)で養育する▽長期(18歳になるまで)で養育する▽転校しなくてもいいように同じ校区の子どもを養育する-など、さまざまな養育里親が求められています。

里親には、「養育里親」の他に要保護児童との養子縁組を希望する「養子縁組里親」、非行等の問題を有する児童や被虐待児童、障がいのある児童を養育する「専門里親」、祖父母など親族が養育する「親族里親」があります。里親について詳しく知りたい場合は、こども支援課までお問い合わせください。
また、市は職員が地域等に出向いて里親制度について説明する「出前講座」(無料)も行っています。「子どもたちの現状を知りたい」「なぜ里親が必要なの」「里親になるためにはどうしたらいいの」など、里親制度のことを知るきっかけとしてぜひご利用ください。
■問い合わせ先/市こども総合相談センター・こども支援課

電話 092-832-7100

FAX 092- 832-7830

養育里親になるためには
特別な資格は必要ありません。子どもの養育についての理解や熱意、子どもに対する愛情を持っていれば、誰でも申し込むことができます(その他要件あり)。
まず面接を行い、養育里親になるための研修や、乳児院・児童養護施設での実習を受講し、家庭訪問・調査・審査を経て、養育里親として登録されます。登録後は、専門員が養育のサポートをするほか、里親同士の交流会等も行われます。
里親登録への申し込みは、NPO法人キーアセット(電話 092-406-6351 FAX 092-406-6352 メール  info@keyassetsnpo.jp )へ。

養育里親への支援
養育里親には、子どもの養育に必要な生活費等が市から支給されます。
〈1カ月当たり〉

▽一般生活費=児童50,570円、乳幼児58,310円

▽教育費=小学校2,170円、中学校4,300円、公立高校22,910円、私立高校33,910円

▽給食費=小・中学校ともに実費
※短期の場合は日割り計算。
※この他、里親手当や医療費、里親受託費、入進学支度金、就職支度金等を支給。


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


まとい振りの写真 掲載号:2019/01/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

市消防出初式(でぞめしき)   2019/01/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市消防出初式(でぞめしき) 22019【日時】 2019年1月12日(土)午前10時~午後4時 【場所 】マリンメッセ福岡(博多区沖浜町) 【料金 】無料 【申し込み】 不要 消防職員、消防団員などによる行進をはじめ、「まとい振り」や「消防太鼓」などの消防伝統技術の演技披露や、博多湾への一斉放水、消防音楽隊の演奏などが行われます。 午後には消防車・救急車・はしご車の試乗(はしご車のみ抽選150人。 … 続きを読む 市消防出初式(でぞめしき)


〈展示品の例〉の写真 掲載号:2019/01/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

新春のお出掛けは 市博物館へ   2019/01/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

新春のお出掛けは 市博物館へ 特別展・新収蔵品展 「ふくおかの歴史とくらし」 【日時】 2019年1月24日(木)~2019年2月17日(日) 【場所】 特別展示室A 【料金】 一般200円、高大生150円、中学生以下無料 ※期間中は常設展・企画展・特別展示室Bも観覧可。 市博物館には、30年以上にわたり市民の皆さんから寄贈・寄託された資料が16万件以上収蔵されています。 毎年恒例の「新収蔵品展」 … 続きを読む 新春のお出掛けは 市博物館へ


2018年7月にアルゼンチン・ブエノスアイレス で開催された同会議の写真 掲載号:2019/01/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

G20 福岡財務大臣・中央銀行総裁会議 開催   2019/01/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

G20 福岡財務大臣・中央銀行総裁会議 開催 2019年6月8日(土)、9日(日)にヒルトン福岡シーホーク(中央区地行浜二丁目)で「G20福岡財務大臣・中央銀行総裁会議」が開催されます。 ■福岡市で会議が行われる意義 国際金融システム上重要な国や機関等が参加し、主要な経済問題について議論する、世界的に注目度の高い国際会議です。1999年以降毎年開催され、日本では初開催となります。 市は、この会議を … 続きを読む G20 福岡財務大臣・中央銀行総裁会議 開催


掲載号:2019/01/01   城南区

福岡大学 上映会   2019/01/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

福岡大学 上映会 全国に2校だけある通信制中学を題材としたドキュメンタリー映画「まなぶ」を上映します。福岡大学人文学部の添田祥史准教授の講座や映画監督の太田直子氏と夜間中学関係者によるトークショーもあります。映画の視聴と議論を通じて、「学ぶことの意味」について考えます。 【日時】2019年1月13日(日)午後1時半~4時 【場所】 福岡大学 A棟A203講義室 【問い合わせ】 福岡大学・添田 電話 … 続きを読む 福岡大学 上映会


掲載号:2019/01/01   中央区

安心子育て応援セミナー   2019/01/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

安心子育て応援セミナー 赤ちゃんとの関わり方や成長について学び、保護者同士で交流しましょう。 【日時】2019年1月21日(月)午後1時半~3時半 【場所】あいれふ6階作業療法室(舞鶴二丁目) 【対象】中央区内に住む第1子の乳児(平成30年10~12月生)と保護者 【定員】 先着20組 【料金】 無料 【申し込み】電話で中央区地域保健福祉課 電話 092-718-1111 FAX  092-734 … 続きを読む 安心子育て応援セミナー


記事一覧


    福岡市中央区
    ふくおか市政だより 中央区版 発行:中央区企画振興課 電話 092-718-1013 FAX 092-714-2141
    Mail:kikaku.CWO@city.fukuoka.lg.jp
    中央区役所 〒810-8622 福岡市中央区大名2丁目5-31