〈展示品の例〉の写真 掲載号:2019/01/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

新春のお出掛けは 市博物館へ   2019/01/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

新春のお出掛けは 市博物館へ

特別展・新収蔵品展
ふくおかの歴史とくらし」

【日時】 2019年1月24日(木)~2019年2月17日(日)

【場所】 特別展示室A

【料金】 一般200円、高大生150円、中学生以下無料

※期間中は常設展・企画展・特別展示室Bも観覧可。
市博物館には、30年以上にわたり市民の皆さんから寄贈・寄託された資料が16万件以上収蔵されています。

〈展示品の例〉の写真
毎年恒例の「新収蔵品展」は、新たに収蔵された資料をお披露目する展覧会です。新収蔵品展の魅力は、皆さんの暮らしに身近な品々が並ぶことと、展示品の種類の幅広さ。今回は、平成27年度に受け入れ、およそ3年かけて整理・調査を終えた資料1493件の中から、厳選したおよそ150件の収蔵品を展示します。

「圧切長谷部」「日光一文字」
毎年恒例・国宝刀剣の展示も
年に1度しか公開しない「国宝」の刀剣をぜひご覧ください。

【日時】

▽2019年1月5日(土)~2019年2月3日(日)=国宝 刀 名物「圧切(へしきり)長谷部」

▽2019年2月5日(火)~2019年3月3日(日)=国宝 太刀 名物「日光一文字」 場所 企画展示室2黒田家名宝展示

■問い合わせ先/福岡市博物館(福岡市早良区百道浜三丁目)

電話 092-845-5011

FAX 092-845-5019

【開館時間】 午前9時半~午後5時半(入館は5時まで)

【休館日】 月曜日(祝日の場合は翌平日)、2018年12月28日~2019年1月4日

ここが見どころ
今回は、福岡藩士の武具から懐かしの写真、西鉄ライオンズ関連資料、博多の特産品まで、福岡ゆかりの展示品が並びます。あの日、あの時、あの場所の思い出がきっとよみがえる、市博物館の「宝箱」をお楽しみください。 (学芸員・佐藤)

学芸員・佐藤の写真

<同時開催> 日時 新収蔵品展と同じ 場所 特別展示室B
新春特別公開 「黒田二十四騎画帖」

黒田二十四騎画帖の写真
黒田家の草創期を支えた24人の功臣一人一人を丁寧に描いた、大迫力の画帖と関連資料を公開します。

関連記事

市博物館 ①文化の日のイベント②福岡藩・武家の医家の人々   掲載号:2018/11/01  

【申 込 み】不要
【場 所】市博物館(早良区百道浜三丁目)
【費 用】①無料②一般200円、高大生150円、中学生以下無料
【期 間】①2018年11月3日(土・祝)②2018年11月6日(火)~2019年1月6日(日)いずれも午前9時半~午後5時半(入館は5時まで) ※月曜(祝休日のときは翌平日)および2018年12月28日(金)~2019年1月4日(金)は休館

市民講座「鴻臚館(こうろかん)学」入門 「鴻臚館での国際交流~入唐僧円珍に送られた手紙と詩~」   掲載号:2018/10/15  

【申 込 み】はがき(〒810-8620住所不要)かファクス、メール(メール shiseki.EPB@city.fukuoka.lg.jp )で2018年10月15日~19日(必着)に史跡整備活用課へ。
【場 所】中央市民センター(中央区赤坂二丁目) 
【費 用】 無料
【期 間】2018年10月20日(土) 午後1時半~3時 

西区まるごと博物館のイベント 知ってとくする!!西区歴史講座   掲載号:2018/09/15  

【申 込 み】はがき、ファクスまたはメールにイベント名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、 2018年10月9日(火)必着で西区まるごと博物館推進会事務局(〒819-8501住所不要 メール  shinko.event24@city.fukuoka.lg.jp )へ。参加決定通知は10月12日(金)までに発送します。
【場 所】西市民センター4階視聴覚室
【費 用】無料
【期 間】 2018年10月27日(土)午後2時~4時

福岡市城南区
ふくおか市政だより 城南区版 発行:城南区生涯学習推進課 電話092-833-4053 電話 092-833-4053 FAX 092-844-1204
Mail:gakushu.JWO@city.fukuoka.lg.jp
城南区役所 〒814-0192 福岡県福岡市城南区6丁目1-1