掲載号:2014/09/15   お知らせ, 福岡市中央区

官兵衛と福岡城  第6回「官兵衛と茶の湯」   2014/09/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

官兵衛と福岡城

第6回「官兵衛と茶の湯」

黒田官兵衛は、和歌や連歌だけでなく茶の湯もたしなみ、千利休(せんのりきゅう)や津田宗及(つだそうぎゅう)ら著名な茶人とも親交を持っていました。

戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した博多の豪商で、茶人として知られる神屋宗湛(かみやそうたん)が記した「宗湛日記」からは、筑前入国後、官兵衛が福岡城の大堀の西岸、鳥飼村に設けた二畳敷の御数寄屋(茶室)で、宗湛や息子の長政らと茶の湯を楽しんでいたことが分かります。

また、官兵衛は慶長四(1599)年正月に千利休の茶の湯の秘伝を「御茶堂之記(ござどうのき)」(如水茶湯覚書(じょすいちゃのゆおぼえがき)、如水壁書(じょすいかべがき)とも)としてまとめています。黒田家の歴史書である「黒田家譜(くろだかふ)」によれば、官兵衛の茶堂の水屋に貼られていたもので「茶はゆっくりと滞りのないようにひくこと」など官兵衛の茶道観をうかがい知ることのできる資料です。

(市博物館学芸課 高山英朗)

 

申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事

リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち 長くつ下のピッピの世界展   掲載号:2019/07/01  

【場 所】市博物館(早良区百道浜三丁目)
【費 用】一般1,200(1,000)円、高大生800(600)円、小中生600(400)円、65歳以上1,000円 ※かっこ内は前売り。
【期 間】2019年7月6日(土)~8月25日(日)午前9時半~午後5時半(7月20日~8月25日の金・土・日曜日と8月12日~15日は午後8時まで開館) ※入場は閉館の30分前まで

市博物館 企画展示「博多祇園山笠展~堂山と描かれた近世福博の女性たち~」   掲載号:2019/06/01  

【場 所】市博物館(早良区百道浜三丁目) 
【費 用】一般200円、高大生150円、中学生以下・市内に住む65歳以上無料 ※2019年7月20日から会期終了までの金・土・日曜日は午後8時閉館。5時半以降は無料。
【期 間】2019年6月11日(火)~8月4日(日)午前9時半~午後5時半(入館は閉館30分前まで) 

福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ