掲載号:2019/04/15   福岡市西区

カンピロバクター食中毒に注意   2019/04/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

カンピロバクター食中毒に注意

2018年市で発生した食中毒のうち、一番件数が多かったものはカンピロバクターによる食中毒でした。

  • カンピロバクターとは

動物の消化管内に生息する細菌で、市販されている鶏肉の60%以上に付着しているという報告があります。十分な加熱により死滅しますが、肉の内部まで入り込むため、「たたき」など表面だけ加熱する料理では内部で生き残っていることがあります。

  • 感染すると

腹痛・下痢・発熱などの症状を引き起こします。子どもや高齢者は抵抗力が弱く重症化しやすくなります。

  • 「新鮮だから安全」は間違い

カンピロバクターは鮮度に関係なく、むしろ新鮮なほうがカンピロバクターが生き残っている可能性が高くなります。

  • 予防のポイント

<1>肉は中心が白くなるまでしっかり加熱する。

<2>鶏の刺身やたたきは食べない。

<3>生肉を触った手はせっけんでよく洗う。

<4>包丁やまな板などは、生肉専用のものを用意するか、生肉を切る順番を最後にする。

<5>調理器具は、使用後によく洗浄し熱湯や消毒液で消毒する。

【問い合わせ先】

福岡市西区衛生課

電話 092-895-7095

FAX 092-891-9894

 

 

申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事

アラ還世代のための還活大学   掲載号:2019/05/15  

【申 込 み】2019年5月31日(金)までに電話で中央区地域保健福祉課(電話 092-718-1111 FAX 092-734-1690)
【場 所】あいれふ10階講堂(中央区舞鶴二丁目) 
【費 用】無料
【期 間】<1>2019年6月11日(火)13:30~15:30 アラ還世代からの健康づくり(健康づくりサポートセンター センター長 井口登與志氏)<2>2019年7月12日(金)13:30~15:30 研究から生活習慣を考える(九州大学大学院医学研究院助教・医学博士・保健師 吉田大悟氏)<3>2019年8月28日(水)13:30~15:30 健康づくりのための運動(健康づくりサポートセンター 健康運動指導士)<4>2019年9月11日(水)13:30~15:30 地域活動と健康づくり・ボランティア活動の始め方(NPO法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター上席研究員 佐々木喜美代氏)

福岡市中央区
ふくおか市政だより 中央区版 発行:中央区企画振興課 電話 092-718-1013 FAX 092-714-2141
Mail:kikaku.CWO@city.fukuoka.lg.jp
中央区役所 〒810-8622 福岡市中央区大名2丁目5-31