市債残高の推移の表 掲載号:2019/04/15   特集記事, 市政だより記事

持続可能な市政運営のために 市債残高の着実な縮減   2019/04/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

持続可能な市政運営のために
市債残高の着実な縮減

●市債を発行する理由
道路・公園・学校など長期間使用される公共施設を整備する際に、その費用を今年度の予算だけで賄うと、現在の市民だけが費用を負担し、その後の市民は負担なしで施設を利用できることになります。将来施設を使用する市民にも整備等の費用を公平に負担してもらうため、市債を発行しています。
●市債発行額
平成31年度の一般会計の市債発行額は762億円の見込みで、平成30年度当初予算と比べ14億円減少しました。
●市債残高の縮減
平成31年度末の満期一括積立金を除く全会計ベースの市債残高は、前年度と比べ約603億円減の2兆403億円、さらに臨時財政対策債(国が償還額を全額地方交付税措置するもの)の残高見込み額を除いた額は、ピーク時の平成16年度末から8711億円減少し、1兆6404億円となっています。また、市民1人当たりの市債残高は、約106万円になる見込みです。
市は、将来の世代に過度な負担を残さないよう、今後も必要性や効果の高い事業を厳選し、市債残高の縮減に努めていきます。

市債残高の推移の表

ふくおかしの家計簿

<strong><noscript><img class=

市の予算や財政状況、財政運営の取り組み等を、イラストやグラフを用いて分かりやすく説明したパンフレット「ふくおかしの家計簿」を毎年発行しています。
平成31年度版は、2019年5月中旬から市役所1階情報プラザや各区情報コーナーで配布。市ホームページ(「ふくおかしの家計簿」で検索)にも掲載します。

■問い合わせ先/財政調整課

電話 092-711-4166

FAX 092-733-5586

関連記事

アラ還世代のための還活大学   掲載号:2019/05/15  

【申 込 み】2019年5月31日(金)までに電話で中央区地域保健福祉課(電話 092-718-1111 FAX 092-734-1690)
【場 所】あいれふ10階講堂(中央区舞鶴二丁目) 
【費 用】無料
【期 間】<1>2019年6月11日(火)13:30~15:30 アラ還世代からの健康づくり(健康づくりサポートセンター センター長 井口登與志氏)<2>2019年7月12日(金)13:30~15:30 研究から生活習慣を考える(九州大学大学院医学研究院助教・医学博士・保健師 吉田大悟氏)<3>2019年8月28日(水)13:30~15:30 健康づくりのための運動(健康づくりサポートセンター 健康運動指導士)<4>2019年9月11日(水)13:30~15:30 地域活動と健康づくり・ボランティア活動の始め方(NPO法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター上席研究員 佐々木喜美代氏)

福岡市博多区
ふくおか市政だより 博多区版 発行:博多区総務課 電話 092-419-1011 FAX 092-452-6735
Mail:somu.HAWO@city.fukuoka.lg.jp
博多区役所 〒812-8512 福岡市博多区博多駅前2丁目9-3