新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

なお,市政だよりの掲載の有無に関わらず,新型コロナウイルス感染症対策で中止になるイベントについては,【中止のお知らせ】福岡市主催のイベント・行事等(新型コロナウイルス感染症対策)に随時掲載しています。

掲載号:2019/04/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

イノシシに注意を 2019/04/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

イノシシに注意を

餌などを求めて、人里に出没するイノシシが全国的に増えています。市内でも毎年1500頭前後が捕獲されていますが、イノシシによる被害は後を絶ちません。
●イノシシの生態
イノシシの発情期は12月~2月ごろで、4月~6月ごろに平均4、5頭を産みます。本来は臆病でおとなしい性質ですが、発情期や分娩後は攻撃的になります。
夜行性ではなく、人の行動を監視し、餌を求めて昼夜を問わず行動します。雑食性で人間が食べるようなものは全て食べ、残飯や生ごみのほか、収穫しなかった農作物や草木の根、タケノコやドングリなどの植物、昆虫やミミズ、ネズミなどの小動物も餌とします。
記憶力が良く、侵入に成功した仲間の行動をまねたりします。
●イノシシに出合わないために
早朝や、夕方暗くなってからの外出の際は十分な注意が必要です。鈴など音の鳴る物を身に付けたり、夜間は懐中電灯などで照らしたりするなど、人の存在を知らせる工夫をしましょう。
万が一イノシシに出合ってしまったときは、背中を向けずにゆっくりと離れてください。イノシシを挑発するのは危険です。逆上して向かってくることもあります。近くに母イノシシがいる可能性が高いため、イノシシの子(ウリ坊)を見掛けても、近付いたり餌を与えたりすることは絶対にやめてください。
イノシシを寄せ付けないために、残飯や生ごみを屋外に放置しないようにしてください。
また、耕作放棄地や竹林など管理が行き届いていない場所は、イノシシにとって絶好の隠れ場所やすみかになります。草刈りなどを定期的に行い、見通しをよくするよう心掛けましょう。

市は、箱わなの増設や、イノシシに関する情報の提供など、被害防止対策の強化に取り組んでいきます。

■記事に関する問い合わせ先/イノシシ対策担当

電話 092-711-4839

FAX 092-714-4033

福岡市政だよりWEB版と市役所1階ロビーのデジタルサイネージに広告を掲載しませんか広告バナー
広告バナー



福岡市防災マップ
広告バナー



関連記事


福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
●編集・発行
 福岡市広報課 電話 092-711-4016
●市政に関するご意見・要望・相談などは
 広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
●区役所代表電話 
 東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131


福岡市ホームページ