豊かでいきいきと人が輝くまちづくり ■歳入の特徴■歳出の特徴

豊かでいきいきと人が輝くまちづくり

■歳入の特徴

歳入は、市税が前年度当初予算比で72億円増(2.7%増)の2759億円となります。企業収益の改善などに伴う法人市民税の31億円増(8.8%増)、新築家屋の増加による固定資産税の22億円増(2.0%増)などが見込まれ、過去最大規模です。その他、県からの地方消費税交付金も4月の消費税率引き上げなどにより39億円増加しています。

市債発行額は2億円減の708億円で、26年度末の全会計市債残高見込みも着実に減少します。

 

■歳出の特徴

歳出は、医療や介護や子育てといった社会保障関係費が97億円増(4.5%増)の2265億円。特に子育てや障がい者福祉のための経費などが増えています。

また消費税率引き上げに際し、国の制度に基づく低所得者や子育て世代への給付金56億円も盛り込んでいます。老朽化が進む公共施設等の改修・修繕等の経費として全会計で670億円を計上しています。他にも▽小中学校でのいじめ、不登校などの問題を解決するスクールソーシャルワーカーの倍増(1億円)▽若者の起業を応援する「スタートアップカフェ」の設置(5100万円)─なども盛り込んでいます。各施策の内容は2・3面で紹介しています。

【問い合わせ先】財政調整課

電話092-711-4166 FAX092733-5586

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html