豊かでいきいきと人が輝くまちづくり2面人を育む

豊かでいきいきと人が輝くまちづくり

平成26年度予算の特色である「豊かでいきいきと人が輝くまちづくり」を推進する施策を、「人を育む」「絆を結ぶ」「場を創る」という三つの項目に分けて、その概要を紹介します。

人を育む

みんなが優しく、心豊かに暮らす

次代を担う人材を健やかに育むまち・ふくおかを目指します。

■スクールソーシャルワーカーの倍増

小中学校でのいじめ、不登校などの問題を解決するため、社会福祉士などの資格を持ち、教育と福祉の両面から支援を行うスクールソーシャルワーカーを12人から24人に増やします。

■多様な保育サービスの提供で子育てを支援

夜間保育や延長保育の拡大など、パートタイム勤務などにも対応できる柔軟な保育サービスを提供していきます。冠婚葬祭やリフレッシュなどでも利用できる「一時預かり事業」の実施施設を4施設から7施設に拡充します。

また、小児科医院に併設し、病気の子どもを預かる「病児・病後児デイケアルーム」を2施設増やし、18施設に拡充します

■市民参加型フルマラソン大会の開催

2014年11月9日(日曜)に市民参加型フルマラソン大会「福岡マラソン2014」を開催します。糸島市と連携して毎年開催するもので、福岡の魅力を体感できるコースです。フルマラソンの他、車いす競技と、気軽に楽しめる5キロのコースもあります。

■スポーツに親しめる環境の整備

今津運動公園(西区)に硬式野球場を新設する他、雁の巣球場(東区)を改修し、市民がスポーツに親しめる環境を整備していきます。

■ノンステップバスの普及を促進

ノンステップバスは乗降口に段差がなく、高齢者や障がい者だけでなく全ての人が楽に乗り降りできます。今年度は普及促進のため96台に対する助成を予定しています。

■児童発達支援センターの整備費助成

障がいのある児童が通う新たな児童発達支援センターの整備を進めていきます(博多区井相田二丁目)。知的障がい児の療育施設への通園希望者増加に対応したもので、市内9カ所目となる同センターは平成27年度開設予定です。

■モラル・マナー推進員 パトなび の新設

天神・博多駅地区など都心部を中心に自転車の安全利用をはじめ、歩行喫煙・迷惑駐車防止等の指導・啓発を行うモラル・マナー推進員を16人から30人に増員し、4月からは新たに来訪者などに対する道案内などの業務を加え、 パトなび として新設。モラル・マナーの向上に努めます。

また天神・渡辺通り周辺で放置自転車を重点的に撤去する他、中洲地区で本市初の放置自転車の夜間撤去を実施し、安全・安心な道路空間の確保を進めていきます。

■防犯灯のLED化助成

町内会などが設置している防犯灯のLED化を今年度は6千基分助成します(前年度は4千基)。蛍光灯よりも明るさが長持ちし、省エネ効果も期待できます。

■犬猫の殺処分ゼロの推進

不幸な猫を増やさないための地域猫活動の推進を図り、犬猫の殺処分ゼロを目指して不妊・去勢手術拡充のために獣医師を東部動物愛護管理センター(東区蒲田五丁目)に配置します。また犬猫の譲渡事業推進のため同センターの猫舎を増改築するなど機能を強化します。

 

最新の福岡市政だよりについては以下のサイトでご確認ください
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shisei/kouhou-hodo/shiseidayori/index.html