掲載号:2019/05/15   福岡市東区

歴史 歩・歩・歩 さんぽ   2019/05/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

歴史 歩・歩・歩 さんぽ

ボランティアのおすすめスポット

志賀海神社の『照龍(しょうりゅう)』扁額(へんがく)

「歩(さ)・歩(ん)・歩(ぽ)・会」

加藤 徳生(72)

海神の総本山である志賀海神社は、神代より「龍(たつ)の都」と呼ばれています。この神社には、第61代朱雀天皇のご宸筆(しんぴつ)『照龍』の扁額があります。朱雀天皇の治世中(930~946)は、富士山の噴火、地震、洪水など数多くの災害や、各地で豪族・貴族の反乱が起こりました。志賀島一帯も大干ばつに襲われ、これを憂いた天皇が『照龍』額を奉納し、雨乞いの祈願祭を行いました。すると、境内横を流れる龍天川(現在は天龍川)から白龍が天に昇り、雨が降ってきたそうです。この扁額は掛け軸に仕立てられ、非公開ですが志賀海神社の社宝として今も大切に保存されています。

第61代朱雀天皇のご宸筆「照龍」の偏額の写真

今も流れる天龍川の写真

雨乞いが行われた旧暦の7月7日を記念し、神社では毎年8月6・7日に七夕祭が行われています。七夕祭には、航海の安全と無病息災を祈願しに多くの人が訪れ、参拝者には神功皇后が三韓出兵から無事帰国できたことにちなんだ「事無柴(ことなきしば)」が授与されます。

志賀海神社の地図

 

 

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事

掲載号:2019/09/15  
福岡市東区

東区、よかまち・よかとこ歩・歩・歩(さんぽ) 「令和の志賀島・万葉歌碑を訪ねて」  

【申 込 み】往復はがき(〒812-8653住所不要)に参加者全員の応募事項と希望する集合場所を書いて2019年9月25日(必着)までに東区生涯学習推進課へ。
【費 用】2,000円(昼食付き) 
【期 間】2019年10月19日(土) 午前9時半にJR西戸崎駅または10時10分に市営渡船志賀島旅客待合所のいずれかを選択。
掲載号:2019/07/01  
福岡市東区

傾聴ボランティア養成講座  

【申 込 み】電話かファクス、はがき、メールで住所・氏名・電話番号を東区社会福祉協議会へ。2019年7月22日(月)必着。
【場 所】東区内に住む50歳以上で全回参加でき、講座終了後にボランティアとして活動できる人  定員 抽選20人  料金 無料 
【費 用】 無料 
【期 間】1 2019年7月30日(火) 傾聴とは何か なみきスクエア(千早四丁目) 2 2019年8月6日(火) 実践とワーク なみきスクエア(千早四丁目) 3 ※ 実習 各福祉施設等 4 2019年9月11日(水) 体験を終えて なみきスクエア 5 2019年9月19日(木) 活動説明 なみきスクエア

福岡市東区
ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1