広告バナー


掲載号:2014/10/15   お知らせ

平成27年度 保育施設等利用の受け付け   2014/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

ふくおか市政だより 10月15日号 4面

 

平成27年度

保育施設等利用の受け付け

在園児 11月20日(木曜)まで

新規申し込み 12月12日(金曜)まで

平成27年度の保育施設等の利用申し込みの受け付けを開始します。

保育施設等は、保育所(園)、認定こども園(※1)、家庭的保育事業(※2)、小規模保育事業(※3)などです。希望する保育施設等を子どもと一緒に見学し、説明を受けた上、お申し込みください。

詳しくは10月20日(月曜)から各保育施設等と各区の子育て支援課で配布する「福岡市保育施設等利用のご案内」(「支給認定申請書兼保育施設等利用申込書」を含む)でご確認ください。

■子ども・子育て支援新制度が始まります

平成27年4月から、「子ども・子育て支援新制度」が始まります。新制度のスタートに伴い、次の通り、申し込みの手続きが変わります。

(1)保育施設等の利用は、「支給認定申請書」を提出し、保育の必要性に応じた「支給認定」を受けてください。

(2)保護者の就労時間等に応じて、利用できる時間が異なります。利用できる時間は、次の2区分です。

保育標準時間=1日当たり最長11時間

保育短時間=1日当たり最長8時間

※保育施設等の開所時間は午前7時から午後6時までです。保育短時間の利用時間は、各施設等に確認してください。

(3)保育料算定の基礎が所得税額から市民税額に変更になります。

■利用申し込み

「支給認定申請書兼保育施設等利用申込書」に第1~5希望までの保育施設等、必要事項を記入の上、期日までに提出してください。

保育料算定の基礎が市民税額に変更になるため、原則、源泉徴収票、確定申告書の提出は不要です。

■受付期間

  •  1次締め切り日(第1希望の保育施設等へ提出)▽在園児=平成26年11月20日(木曜)▽新規申し込み児=平成26年12月12日(金曜)
  •  2次締め切り日=平成27年2月12日(木曜)
  •  3次締め切り日=平成27年3月6日(金曜)

2次と3次は、第1希望の保育施設等のある区の子育て支援課へ提出してください。

■保育施設等の利用ができる人

利用できるのは、保護者と共に市内に居住する生後3カ月経過後の子どもで、保護者が次の(1)~(9)のいずれかに該当する場合です。

(1)就労している(月60時間以上)

(2)妊娠中または出産後間がない(出産月、出産前2カ月および出産後2カ月)

(3)病気や負傷、障がいなどがある

(4)同居の親族(長期入院している親族を含む)の介護・看護をしている

(5)災害等の復旧に当たっている

(6)求職活動をしている

(7)就学している(通信教育は含まない)

(8)育児休業取得時に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要である

(9)その他、前各項に類する状態であり、福祉事務所長が必要と認める場合

※1 認定こども園

幼稚園と保育所の両方の機能を合わせ持つ施設です。

※2 家庭的保育事業

保育士資格を持つ家庭的保育者が、自宅以外でアパートを借りるなど家庭的な環境の中で1カ所当たり5人以下の乳幼児の保育を行います。

対象児童は生後3カ月~2歳(年度途中で3歳に達した場合は当該年度の3月末日まで)です。

※3 小規模保育事業

自宅以外でアパートを借りるなどして6~19人の乳幼児の保育を行います。対象児童は家庭的保育事業と同じです。

なお、新設予定の事業所に関するお問い合わせは、子育て支援課

(電話092-711-4114  FAX092-733-5718)へ。

多様な保育サービス

保育施設等により実施状況が異なるため、各施設等に確認してください。

■夜間保育

深夜2時までの夜間保育は、第2どろんこ保育園(博多区住吉一丁目)、中央保育園(中央区今泉一丁目)の2カ所で、午後10時までの夜間保育を舞鶴保育園(中央区長浜一丁目)で行います。

■延長保育

保護者の勤務時間の都合などで保育時間の延長が必要な子どもに限り、一部の保育施設等を除いて、1時間から4時間の延長保育を実施しています。

■休日保育

保育施設等を利用している子どもで保護者が日・祝日などに仕事をするため保育ができない場合に実施しています。

実施保育所=香椎保育所(東区香椎駅前二丁目)、どろんこ保育園(博多区住吉一丁目)、那珂保育所(博多区竹下五丁目)、中央保育園(中央区今泉一丁目)、田隈保育所(早良区野芥二丁目)

■障がい児保育

保護者が上記の(1)~(9)のいずれかに該当し、心身の障がいや発達の遅れがあるが集団保育が可能な子どもを対象に実施しています。

■一時保育

保護者の病気、災害、出産、パートタイム就労やリフレッシュなどの理由で保育できない場合は、一時保育を実施しています。

■産休明けサポート事業

保育施設等の利用は生後3カ月経過後からです。保護者が上記の(1)~(9)のいずれかに該当し、産休明けから保育が必要な場合、生後3カ月を経過するまでの間、ベビーシッター派遣費用の一部を助成します。

新制度に移行する幼稚園の利用について

新制度に移行する幼稚園または認定こども園に通う場合は、「支給認定申請書」を住民登録のある市町村へ提出する必要があります。新制度へ移行する幼稚園かどうかは、直接、幼稚園へ尋ねるか、幼稚園等支給認定事務センター(電話092-711-7243 FAX092-733-2504)にお問い合わせください。支給認定申請書は、幼稚園を通して配布します。

各種基準の制定について

子ども・子育て支援新制度で、市が条例で定めることとされている、施設・事業の設備・運営に関する基準を9月に制定しました。

詳細については市ホームページ(「福岡市 子ども・子育て支援新制度]で検索)に掲載しています。

 

二つの給付金

臨時福祉給付金・子育て世帯臨時特例給付金

申請受け付け12月26日(金曜)まで延長

 

【問い合わせ先】コールセンター

電話092-711-7009  FAX092-733-2507

(月~金曜日午前9時~午後6時)

 

【問い合わせ先】

各区子育て支援課

以下は区、電話、ファクスの順です。

東    092-645-1068  092-631-1511

博多  092-419-1080   092-441-1455

中央  092-718-1101   092-771-4955

南    092-559-5123  092-559-5149

城南  092-833-4103   092-822-2133

早良  092-833-4354   092-831-5723

西    092-895-7065   092-881-5874

 

▽新制度全般=子ども・子育て新制度担当

電話092-711-4781   FAX092-733-5718


広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


掲載号:2019/01/01   情報ボックス, お知らせ

酸素濃縮器の使用者に電気料金の一部を助成します   2019/01/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

酸素濃縮器の使用者に電気料金の一部を助成します ≪助成額≫月額2,000円(3月に支給) 【対象】平成30年12月28日現在市内に住み住民基本台帳に登録されていて、在宅で酸素濃縮器を使用し、身体障害者手帳を持つ人(所得制限あり) ≪申請期間≫2019年1月4日~31日(助成対象期間は平成30年1月~12月分) ≪申請方法≫酸素濃縮器使用証明書(機器レンタル会社の証明が必要)、身体障害者手帳、本人名 … 続きを読む 酸素濃縮器の使用者に電気料金の一部を助成します


掲載号:2019/01/01   情報ボックス, お知らせ

「地域の森・花づくり活動支援事業」助成対象団体を募集   2019/01/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

「地域の森・花づくり活動支援事業」助成対象団体を募集 緑化活動を行う市民団体の植物や資材の購入に対して助成します。 ≪助成対象≫①市内の樹林地等の保全管理を自主的に行う活動で認定区域面積が300平方メートル以上②市街地に植樹を行うことにより緑の名所をつくる活動で、校区単位以上の広範囲にわたる活動規模である③市内の公共用地や空き地等において花壇作りなどを行う活動で面積が10平方メートル以上 ≪申請書 … 続きを読む 「地域の森・花づくり活動支援事業」助成対象団体を募集


掲載号:2019/01/01   情報ボックス, お知らせ

猫のマイクロチップ装着と不妊・去勢手術にかかる費用の一部を助成   2019/01/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

猫のマイクロチップ装着と不妊・去勢手術にかかる費用の一部を助成 迷い猫の飼い主特定に有効なマイクロチップ装着と不妊・去勢手術を同時に実施するときの費用の一部を助成します。対象は市内で飼育されている生後6カ月以上の猫で、助成額は7,500円。募集数は50匹(抽選。1人1匹)。手術は2019年2月1日~28日に市獣医師会の病院で実施。 【問い合わせ】 ふくおかどうぶつ相談室 電話 092-891-12 … 続きを読む 猫のマイクロチップ装着と不妊・去勢手術にかかる費用の一部を助成


掲載号:2018/12/15   情報ボックス, お知らせ

FFACステップアップ助成プログラム申請者を募集   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

FFACステップアップ助成プログラム申請者を募集 市内で文化芸術活動を行う個人・団体がステップアップを図る活動や市民に文化芸術の鑑賞の機会を提供する活動、またはそれを支援する活動を対象に助成します。対象期間は2019年4月1日~2020年2月29日。詳細は問い合わせを。 ※説明会を2018年12月25日(火)に実施、参加希望者は2018年12月21日までに電話かメール(メール  ffac-02@f … 続きを読む FFACステップアップ助成プログラム申請者を募集


交通用福祉ICカードの写真 掲載号:2018/12/15   東区

高齢者乗車券の交付金額2019年1月以降は減額になります   2018/12/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

高齢者乗車券の交付金額2019年1月以降は減額になります 交通用福祉ICカードへのチャージ(入金)やタクシー助成券などの高齢者乗車券の交付は、手続きが2019年1月以降になると、交付金額が少なくなります。まだ申請をしていない人は、早めの手続きをお勧めします。交付は年1回です。 【場所】 東区福祉・介護保険課 【対象】 東区に住民登録がある満70歳以上で、平成30年度の介護保険料所得段階が1~7の人 … 続きを読む 高齢者乗車券の交付金額2019年1月以降は減額になります


記事一覧


    福岡市東区
    ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
    Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
    東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1