公式 福岡 市政だより WEB版 NEWS

官兵衛と福岡城 第7回 官兵衛の家臣 母里太兵衛 福岡市政だより 掲載号:2014/10/15

官兵衛と福岡城

第7回 官兵衛の家臣 母里太兵衛

福岡を代表する民謡「黒田節」。「酒は飲め飲め飲むならば」で始まる歌詞は皆さんもよくご存じでしょう。この歌詞は、黒田官兵衛の家臣・母里太兵衛友信(もり(ぼり)たへえとものぶ)が、酒宴の席で福島正則から名槍(めいそう)「日本号(にほんごう)」を飲み取ったエピソードを基に作られています。博多人形の題材となり、博多駅前や光雲(てるも)神社(西公園)には銅像も立っているので、「黒田武士」と言えば太兵衛をイメージする人も多いと思います。

舞鶴公園内の牡丹(ぼたん)・芍薬(しゃくやく)園(官兵衛が晩年を過ごした御鷹屋敷(おたかやしき)跡)の側には旧母里太兵衛邸長屋門(ながやもん)(福岡県指定有形文化財)が建っています。この長屋門は、現在の福岡天神センタービル(天神二丁目)の場所にあった母里家の屋敷にあったもので、昭和27(1952)年に解体され、昭和40(1965)年に現在地に復元されたものです。「黒田節」の歌詞や博多人形などとともに、母里太兵衛をしのぶことのできる文化財です。(市博物館学芸課 高山英朗)

お知らせ | 福岡市中央区 | 施設の情報 市博物館 | 公園 掲載号:2014/10/15  
Exit mobile version

※新型コロナウイルス感染症対策のため,一部イベントが中止・延期となる場合があります。事前に各問合せ先にご確認ください。

毎日更新:福岡市の近日中のイベントはこちら!

福岡市公式YOUTUBEチャンネルはこちら!

トップへ戻る