掲載号:2019/08/01   福岡市東区

箱崎 認知症サポーターになりませんか   2019/08/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

箱崎 認知症サポーターになりませんか

 

認知症について正しく理解し、認知症の人とその家族を見守る応援者「認知症サポーター」を養成する講座が、地域で開催されています。

 

2019年6月4日に箱崎公民館で開催された講座には、校区住民約40人が参加しました。講座では、福岡市東区内の介護事業所の職員でつくる劇団「轍(わだち)」が、認知症の人への接し方を劇で紹介しました。

劇は、認知症になったおばあちゃんの家族が、接し方のポイントとなる、5つの「ない」を学び、温かい関係を築いていく物語です。

 

5つの「ない」

1.急がせない

2.怒らない

3.否定しない

4.自尊心を傷つけない

5.強制しない

おばあちゃんに笑顔で優しく話しかけている写真

 

初めて講座に参加した民生委員は「劇にしてもらったので、分かりやすかった。認知症に関する相談を受けることがあるので、学んだことを生かしたい」と話しました。

劇を見た後意見交換をしている受講者

認知症サポーターは何か特別なことをする必要はありません。温かく見守る応援者になって、できることから始めてみませんか。

福岡市東区では、下記の通り認知症に関する講座の受講生を募集しています。

また、10名以上のグループを対象に出前講座も実施しています。詳しくは福岡市東区地域保健福祉課へ。

【問い合わせ】福岡市東区地域保健福祉課

電話 092-645-1087

FAX 092-631-2295

※記事中に応募事項とある場合
申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事

掲載号:2019/07/01  
福岡市東区

傾聴ボランティア養成講座  

【申 込 み】電話かファクス、はがき、メールで住所・氏名・電話番号を東区社会福祉協議会へ。2019年7月22日(月)必着。
【場 所】東区内に住む50歳以上で全回参加でき、講座終了後にボランティアとして活動できる人  定員 抽選20人  料金 無料 
【費 用】 無料 
【期 間】1 2019年7月30日(火) 傾聴とは何か なみきスクエア(千早四丁目) 2 2019年8月6日(火) 実践とワーク なみきスクエア(千早四丁目) 3 ※ 実習 各福祉施設等 4 2019年9月11日(水) 体験を終えて なみきスクエア 5 2019年9月19日(木) 活動説明 なみきスクエア
掲載号:2019/06/15  
福岡市東区

なみきスクエアであなたの講座を開きませんか  

【申 込 み】所定の企画書様式(東区役所、なみきスクエアで配布)を、ファクスかメール、持参(平日午前9時~午後5時)で問い合わせ先へ。様式は東区ホームページ(「市民企画講座」で検索)からもダウンロードできます。1人1講座までで、7月12日(金)午後5時必着。 
【場 所】なみきスクエア(千早四丁目)
【費 用】講師謝礼などの費用は予算の範囲内で東区が負担します。 
【期 間】2019年9月~2020年3月の間に2~4回(1回2時間程度)なみきスクエア(千早四丁目)で開催

福岡市東区
ふくおか市政だより 東区版 発行:東区企画振興課 電話 092-645-1012 FAX 092-651-5097
Mail:kikaku.HIWO@city.fukuoka.lg.jp
東区役所 〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1