掲載号:2014/11/01   お知らせ

夜間や休日の小児急患診療   2014/11/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。
LINE福岡市公式アカウント
広告バナー

夜間や休日の小児急患診療

近年、急患診療センター(早良区百道浜一丁目)や急患診療所(東区博多区南区・城南区西区の保健所)を夜間や休日に受診する子どもの数が増加傾向にあります。平成25年度は約4万4千人で、平成17年度に比べ約5千人増えています。不安から急患診療を受診しても、必ずしも急を要しないケースが少なくありません。患者が増加した背景に、核家族化や共働きといった家庭環境の変化によって、相談相手が身近にいないことが考えられます。

患者が増加した結果、急患診療センター小児科では、医師の負担が大きくなり、また患者の待ち時間が長くなることで、急を要する患者への対応に支障が生じることが懸念されています。

急患診療センターや急患診療所は、緊急に治療が必要な傷病者に対して応急処置を行うところです。ほとんどの場合、1日分の薬をもらい「明日かかりつけ医を受診してください」と言われます。症状が軽い場合は、できるだけ診療時間内に医院・診療所などで診てもらいましょう。子どもが夜中に急に体調を崩したり、けがをしたりして不安になったときは、経験豊富な看護師がアドバイスする小児救急医療電話相談「♯8000」をご利用ください。

他にも4カ月健診で配布しているガイドブック「必携!子ども救急」には、症状別の対処法が紹介され、日本小児科学会のホームページ( http://kodomo-qq.jp/ )には、症状別のチェックシートがあり、すぐに病院に行くべきか判断の助けになります。市の救急医療のホームページ( http://kyu-kyu.city.fukuoka.lg.jp/ )も参考にしてください。

 

小児救急医療電話相談

#8000をご利用ください

夜間や休日の急な発熱やおう吐、けがなど、心配だなと思ったら#8000(または電話092-725-2540)をダイヤルしてください。小児救急医療電話相談「#8000」は、毎日午後7時から翌朝7時まで、小児科で経験を積んだベテラン看護師が相談に乗ってくれます。

こども病院内にある電話相談室で相談を受けている看護師の皆さんに話を聞きました。

慌てて電話をかけてきたお母さんに、「飲んだり食べたりしていますか」「機嫌はどうですか」「顔色は」「おしっこは」という風に一つ一つ子どもの状況を確認していきます。話をしている間に落ち着いて、しっかりと子どもの様子を見られるようになるお母さんも多いのです。

大切なのは、子どもの様子がいつもとどう違うかということ。熱が高くても水分が取れていて心配な様子がなければ、翌日の受診でも問題ないでしょう。急を要しない場合は、しっかり観察しながら十分に水分を取って、ゆっくり休ませてあげてください。子どもが小さいうちは、大人の都合ではなく、子ども中心の生活をしてあげることが大切です。規則正しい生活リズムと食生活が健康を支えます。心配なときは遠慮なくお電話ください。私たちは、いつでも「近所のおばちゃん」になります。

【問い合わせ先】地域医療課

電話092-711-4892 FAX092-733-5535

 

LINE福岡市公式アカウント
広告バナー


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

福岡市LINE公式アカウント開始、友達追加で選んだ情報が届きます。

関連記事


掲載号:2018/10/15   情報ボックス, 施設の情報

アミカス(男女共同参画推進センター)女性の人生サポート講座 「DV・ストーカー・性暴力」   2018/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナーアミカス(男女共同参画推進センター) 〒815-0083 南区高宮三丁目3-1 電話 092-526-3755 FAX 092-526-3766 【開館時間】 午前9時半~午後9時半(日・祝休日は午後5時まで) 【休館日】 毎月第2・最終火曜(祝休日のときは翌平日) 女性の人生サポート講座 「DV・ストーカー・性暴力」 自分を守るための手続きや制度・法律について学びます。性的マイノリティ … 続きを読む アミカス(男女共同参画推進センター)女性の人生サポート講座 「DV・ストーカー・性暴力」


掲載号:2018/10/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

人権スケッチ 第37回「認知症になっても住み慣れたまちで」   2018/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー人権スケッチ 第37回「認知症になっても住み慣れたまちで」 8月末、東区の多々良公民館で地元の医療・介護施設の有志「ひがしかぜの会」が開いた認知症カフェに、約20人が参加しました。カフェでは家族がひと息つき、困りごとを専門職に相談できます。また、住民のためのミニ講演会も開かれ、認知症について学ぶことができます。顔見知りになれば、地域の見守りにもつながります。 80代の女性は、夫に連れられ … 続きを読む 人権スケッチ 第37回「認知症になっても住み慣れたまちで」


[一般的な花の断面図] 花びら がく 実になる部分 (ここに種がで きる) 種が小さい場 合はここから 切り取る  種がどこにあるか分からない場合は問い 合わせを。 掲載号:2018/10/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

花と暮らす vol.16   2018/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー花と暮らす vol.16 市は、街中を花でいっぱいにして「おもてなしと豊かな心」を育んでもらおうと、一人一花運動を進めています。 種を採って育ててみよう 採種に挑戦してみませんか。自分が育てた花から種を採って育てることで、一層愛着が湧きます。 ●採種の時期・方法 植物の開花が終わって、種を包んでいる実の色が変わったら採種しましょう。 マツバボタンやペチュニアなど種が小さいものは、花首ごと … 続きを読む 花と暮らす vol.16


掲載号:2018/10/15   情報ボックス, 催し

在宅心身障がい児親子レクリエーション   2018/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー  催し 在宅心身障がい児親子レクリエーション バスで大分県日田市豆田町を散策した後、朝倉市でフルーツ狩りをします。詳細は問い合わせを。 【日時】 11月17日(土) 午前9時~午後4時 【場所 】集合・解散は市役所南側議会棟玄関もしくは東・南・早良・西区役所駐車場 【問い合わせ】 福岡市手をつなぐ育成会 電話 092-713-1480 FAX092- 715-3561 【対象 … 続きを読む 在宅心身障がい児親子レクリエーション


掲載号:2018/10/15   情報ボックス, 催し

ボランティアのつどい   2018/10/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

広告バナー  催し ボランティアのつどい ボランティアグループによるオーケストラ演奏や人形劇などの実演の他、ボランティアとの交流相談など。 【日時】 11月13日(火) 午後1時~3時半(受け付けは0時半から) 【場所】 中央市民センター(中央区赤坂二丁目) 【問い合わせ】 シニアフレンズ福岡ボランティア協議会・安永 電話 090-5482-0593 FAX 092-863-8752 【 … 続きを読む ボランティアのつどい


記事一覧


    福岡市ホームページ市政だよりページへふくおか市政だより(PDF版、テキスト版はこちら)
    ●編集・発行
     福岡市広報課 電話 092-711-4016
    ●市政だより配布 産交ミック福岡支店 
     フリーダイヤル 0120-544-894
    ●市政に関するご意見・要望・相談などは
     広聴課 電話 092-711-4067 FAX 092-733-5580
    ●福岡市役所代表電話 電話 092-711-4111
    ●区役所代表電話 
     東区役所 電話 092-631-2131 博多区役所 電話 092-441-2131 中央区役所 電話 092-714-2131 南区役所 電話 092-561-2131 城南区役所 電話 092-822-2131 早良区役所 電話 092-841-2131 西区役所 電話 092-881-2131




    福岡市ホームページ