掲載号:2014/11/01   催し(event)

博多ライトアップウオーク2014 博多千年煌夜   2014/11/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

ふくおか市政だより 11月1日号 福岡市博多区版16面 発行:福岡市博多区役所総務企画課 電話092-419-1011

 

博多ライトアップウオーク2014

博多千年煌夜

博多の寺社群を幻想的に映し出す「博多ライトアップウオーク2014博多千年煌夜(せんねんこうや)」が11月20日(木曜)~24日(休日)午後5時半~9時に開催されます。由緒ある寺社が色鮮やかに照らし出され、普段とは一味違う博多のまちを感じられます。

会場は、櫛田神社、承天寺、東長寺、妙楽寺、円覚寺、節信院、順心寺、妙典寺、正定寺、旧冷泉小学校に今年は本岳寺、崇福寺が加わり12カ所です。

見どころについて、区地域振興課の吉川賢次係長(49)に聞きました。

黒田家ゆかりの崇福寺をライトアップ

今年の目玉は、大河ドラマでおなじみ黒田官兵衛ゆかりの崇福寺です。

県指定有形文化財である山門(さんもん)や歴代の黒田家藩主が眠る墓所が優しく照らされ、昼間とは違った顔を見せてくれますよ。さらに、普段は非公開の本堂、経蔵(きょうぞう)、開山堂もライトアップされた姿で皆さんを迎えます。

特に本堂のライトアップは必見で、特別な仕掛けを用意していますのでお楽しみに。期間中は東長寺と崇福寺を結ぶ無料のシャトルバスも運行します。

博多千年門を眺めながら一息

今年3月に完成した博多千年門(はかたせんねんのもん)もお薦めですよ。暗がりに照らし出される堂々とした姿が訪れる人を魅了します。門につながる承天寺通りには、休憩スポットとしてばんこ(縁台)を並べます。各会場を堪能した後で、門を眺めながらちょっと一息つくのはいかがでしょう。承天寺境内で販売されるうどんやそば、ぜんざいなども味わえます。

《チケット情報》

12枚チケット(1会場1枚)=当日1500円、前売り1200円。フリーパスチケット(期間中何度でも入場可)=前売りのみ2千円。中学生以下は無料(保護者の同伴が必要)。

市観光案内所(博多駅・天神)、「博多町家」ふるさと館、はかた伝統工芸館、チケットぴあ、セブンイレブン、ローソンなどで販売中です。

【問い合わせ先】

区地域振興課

電話092-419-1012 FAX092-434-0053

▼ホームページhttp://hakata-light.jp/

申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事

福岡・博多“深”発見まち歩き 「博多旧市街のまち歩き」   2019/02/15

【申 込 み】ファクスかメール(メール  event-bora@welcome-fukuoka.or.jp )に参加者全員の応募事項と希望日、代表者名を書いて福岡観光コンベンションビューローへ。
【場 所】集合は<1>博多座前(博多区下川端町)<2>地下鉄祇園駅改札口前 
【費 用】 800円(小学生以下300円) 
【期 間】2019年3月<1>2日(土)<2>16日(土)いずれも午後2時~4時半

はかた伝統工芸館 ①obi(おび) asobi(あそび)②博多人形干支(えと)人形展③博多人形七五三吉(しめきち)×博多曲物玉樹 二人展   2018/12/01

【場 所】はかた伝統工芸館(博多区上川端町) 
【費 用】入場無料
【期 間】①2018年11月29日(木)~12月4日(火)②2018年12月6日(木)~18日(火)③2018年12月20日(木)~25日(火)いずれも午前10時~午後6時(入館は5時半まで。最終日の展示は5時まで) 

福岡市博多区
ふくおか市政だより 博多区版 発行:博多区総務課 電話 092-419-1011 FAX 092-452-6735
Mail:somu.HAWO@city.fukuoka.lg.jp
博多区役所 〒812-8512 福岡市博多区博多駅前2丁目9-3