広告バナー


掲載号:2014/12/01   お知らせ

周囲に誤解されやすい発達障害とは   2014/12/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

周囲に誤解されやすい発達障害とは

福岡市立屋形原特別支援学校の泊秀明校長(58)に発達障害について伺いました。

コミュニケーションが苦手、集団生活になじめないといった発達障害は一見しただけでは障がいと分かりにくく、ともすれば親の育て方や家庭教育の問題、本人の努力不足などと誤解されやすい障がいです。発達障害は、生まれつきの特性で「病気」とは異なります。

周囲の誤った理解や対応は、本人や家族のストレスを高め、本来抱えている障がいとは別の情緒や行動の問題が出てしまう二次的な障害を引き起こし、社会生活上の難しさをより大きなものにしてしまいます。二次的な障害は心理的な要因から起こるもの、身体的にも影響を及ぼすものなどさまざまです。

「発達障害」には自閉症スペクトラム障害、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)などが挙げられますが、障がいの度合いなど、はっきりと線引きができるものではないといわれています。障がいとは呼ばれていますが、絵画など独創的な表現力、興味があることへの集中力と粘り強さなど、大きな力を持っている子どもたちも多くいます。いま、児童生徒一人一人の個性に合わせた教育、個に対応した体制づくりが望まれているところです。

発達障害に限らず、一人でも多くの人が障がいについて正しく理解し、地域の中に継続的な支援体制を整えていくことが求められています。障がいがあっても生き生きと毎日生活できる、そんな豊かなコミュニティーを築いていくために、市民の皆さんの協力が必要です。

【問い合わせ先】

屋形原特別支援学校

電話092-565-4901 FAX092-565-4930

 

障がいのある子どもたちへの理解を

特別支援学級保護者の会・会長の栗田順子さん(50)の話

約9割の小・中学校には通常学級とは別に特別支援学級があり、現在1539人の障がいのある児童生徒が学んでいます。一口に障がいといっても、知的障害、発達障害、肢体不自由、弱視・難聴など、種類はさまざまで、その度合いも一人一人異なります。障がいのある子の中には、見え方や聞こえ方が通常の人よりも極度に過敏だったり、皮膚が過敏だったりする子どもたちもいます。想像するのが苦手、予測するのが苦手なこどもだと、いつもとわずかに違うだけで心の安定を失うこともあります。自分の子でありながら、日々の生活の中で子どもの知らない一面を見ることもしばしばです。

障がいのある子を持つ保護者たちの願いは、個々の子どもたちに合わせた教育カリキュラムの実現と障がい特性を十分に把握した上での就労を目的とした高等部の充実です。

丁寧な関わり方が必要ですが、障がいのある子どもたちにも、たくさんの「できること・できるようになること」があります。市民の皆さんにも、私たちと同じように子どもたちをゆっくりと見守ってもらえればと思います。

障がいがあっても生まれ育ったまちで、生活できる社会の実現を願っています。

【問い合わせ先】

特別支援学級保護者の会

電話080-3373-8754 FAX092-775-8424


申込み方法(共通事項)
 ※ご記入いただいた個人情報は適切に管理し、目的外には使用しません。
電話以外で申込む場合は次の応募事項を書いてください。
●催し名など(コースも)
●郵便番号・住所
●氏名(ふりがな)
●年齢
●電話番号
●小中学生は学校名・学年
 ※往復はがきの場合は、返信用はがきに返送先を書いてください。
講座・催しなどで、特に記載がないものは、
●だれでも参加(申込み)可能です。
●応募多数のときは抽選となります。

関連記事


掲載号:2019/02/15   講座・教室, 情報ボックス

ひとり親家庭の春休み学習教室   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

  講座・教室 ひとり親家庭の春休み学習教室 大学生ボランティアが学習支援をします。 【日時】 2019年3月26日(火)~29日(金)午後1時半~3時半(連続講座) 【場所・問い合わせ 】ひとり親家庭支援センター(中央区大手門二丁目) 電話 092-715-8805 FAX 092-725-7720 【対象】市内に住む一人親家庭の子どもで全日程参加できる人 【定員】 15人(先着) 【 … 続きを読む ひとり親家庭の春休み学習教室


掲載号:2019/02/15   東区

人権啓発活動交流会 講演「誰もがやがて大人になる」   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

人権啓発活動交流会 講演「誰もがやがて大人になる」 児童発達支援センター「こだま」の緒方よしみ園長が、子どもたちが豊かな成人期を迎えるために必要な親子の関わり方について話します。 【日時】2019年3月5日(火)午後2時~3時半 【場所】なみきスクエア(千早四丁目) 【定員】650人 【料金】無料 【申し込み】不要 【託児】8人(1歳~未就学児)。託児希望者は2019年3月1日(金)までに東区生涯 … 続きを読む 人権啓発活動交流会 講演「誰もがやがて大人になる」


多文化共生の街づくり講座の日程の表 掲載号:2019/02/15   東区

多文化共生のまちづくり講座   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

多文化共生のまちづくり講座 東区は、「身近にいる『外国人』について理解しよう」をテーマに講座を行います。講師は、「NPO法人ともに生きる街ふくおかの会」代表理事・吉谷武志氏。2019年3月16日(土)は香椎浜公民館の宮嵜主事が事例発表も行います。 【日時】 下記の通り 【場所】 なみきスクエア(千早四丁目) 【定員】各50人(定員超過の場合のみ連絡) 【料金】無料 【申し込み】2019年2月20日 … 続きを読む 多文化共生のまちづくり講座


梅林中学校の生徒が人とコミュニケーションを図る手法について学んでいる写真 掲載号:2019/02/15   城南区

優しさを伝える技術 ユマニチュードを学ぶ   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

 優しさを伝える技術 ユマニチュードを学ぶ 2019年1月22日に梅林中学校で、総合学習の一環として「認知症サポーター養成講座」と「ユマニチュード(R)講座」が開催され、生徒130人が参加しました。ユマニチュードは、フランスで生まれた認知症など介護のためのケア技法です。介護のためのケア技法の講座はこれまで介護に携わる人や家族を対象に行われてきましたが、子どもたちにも理解を深めて欲しいという思いから … 続きを読む 優しさを伝える技術 ユマニチュードを学ぶ


掲載号:2019/02/15   博多区

子どもおもしろ劇場   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

子どもおもしろ劇場 やなせたかしさんの絵本をアニメ化した映画「ハルのふえ」「アンパンマンが生まれた日」を2本立てで上映します。 【日時】2019年3月9日(土)▽午前10時半~11時半▽午後2時~3時(開場は30分前から) 【場所・問い合わせ】 博多市民センター 電話 092-472-5991 FAX  092-472-5952 【定員】各回先着500人 【料金】 無料 【申し込み】2019年2月 … 続きを読む 子どもおもしろ劇場


記事一覧


    福岡市博多区
    ふくおか市政だより 博多区版 発行:博多区総務課 電話 092-419-1011 FAX 092-452-6735
    Mail:somu.HAWO@city.fukuoka.lg.jp
    博多区役所 〒812-8512 福岡市博多区博多駅前2丁目9-3