市美術館


舞鶴公園「藤まつり」 掲載号:2019/05/15   福岡市中央区

公園に出掛けませんか   2019/05/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

公園に出掛けませんか 第2回 舞鶴公園 大濠公園や市美術館の東部に隣接する「舞鶴公園」には、桜の名所としてだけでなく、さまざまな楽しみ方があります。 例えば平安時代に外交施設として設置された鴻臚館(こうろかん)跡や、江戸時代に築かれた福岡城跡では地元の歴史に触れることができます。 また、昭和の時代に整備され今も市民に利用されている陸上競技場などでスポーツを楽しむことができます。ウメ、ボタン、シャク … 続きを読む 公園に出掛けませんか


掲載号:2019/05/15   講座・教室, 情報ボックス

福岡市美術館 つきなみ講座 誰もが楽しめる美術館を目指して   2019/05/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

講座・教室 福岡市美術館 つきなみ講座 誰もが楽しめる美術館を目指して 年齢や障がいの有無に関わらず、誰もが身近にアートを楽しめる環境をどうつくるか、九州産業大学地域づくり学科教授・古賀弥生氏と同館の学芸員が語ります。 【日時】 2019年5月25日(土)午後3時~4時(受け付けは2時半から) 【場所】福岡市美術館レクチャールーム(福岡市中央区大濠公園) 【問い合わせ】 福岡市美術館学芸課 電話 … 続きを読む 福岡市美術館 つきなみ講座 誰もが楽しめる美術館を目指して


毎年、春と秋に開催される民陶 むら祭の写真 掲載号:2019/05/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

初夏の筑後路散策   2019/05/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

初夏の筑後路散策 福岡都市圏で使う水道水の約3分の1は、筑後川の水で賄われています。市は、流域市町村との連携を深めるために、福岡都市圏の自治体と共に水源地域の森林保全や交流イベントなどを実施しています。初夏の筑後川流域の見どころを紹介します。 朝倉市・東峰村 「水のふるさと」に出掛けよう 2年連続で豪雨に見舞われたこの地域では、復興に向けさまざまなイベントを行っています。 朝倉市の「あまぎ水の文化 … 続きを読む 初夏の筑後路散策


リーフレットの写真 掲載号:2019/05/01   特集記事, 市政だより記事

市内の文化施設がお得に楽しめる9日間 福岡ミュージアムウィーク   2019/05/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市内の文化施設がお得に楽しめる9日間 福岡ミュージアムウィーク 2019年5月18日(土)~26日(日) 期間中は、参加施設の常設展示観覧料や入館(園)料が無料または割引料金になるほか(一部施設を除く)、各施設で趣向を凝らしたトークショーやワークショップなどのイベントも開催されます。 ●さまざまな特典も 割引等の特典やイベントなど詳細は、下記参加施設や情報プラザ(市役所1階)、観光案内所(天神・博 … 続きを読む 市内の文化施設がお得に楽しめる9日間 福岡ミュージアムウィーク


[風のプリズム]の写真 掲載号:2019/05/01   特集記事, 市政だより記事

まちは大きなキャンバスだ。 アートなまちへ出掛けよう   2019/05/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

まちは大きなキャンバスだ。 アートなまちへ出掛けよう 彫刻のあるまちづくり 福岡のまちには、「パブリックアート」と呼ばれる彫刻や芸術作品があふれています。パブリックアートとは、誰もが自由に出入りできる美術館やギャラリー以外の公共的な空間(広場、道路、公園など)に設置される芸術作品のこと。市は、パブリックアートを設置する「彫刻のあるまちづくり事業」を昭和58(1983)年にスタートし、現在までに25 … 続きを読む まちは大きなキャンバスだ。 アートなまちへ出掛けよう


福岡市長 高島宗一郎の写真 掲載号:2019/05/01   紙面お知らせ, 市政だより記事

市長からのメッセージ まちに出掛けよう   2019/05/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市長からのメッセージ まちに出掛けよう 市内には、「パブリックアート」と呼ばれる彫刻や芸術作品が数多く点在しています。広場や公園などの公共空間に設置され、誰でも自由に鑑賞することができます。2019年5月18日(土)からは、新しくなった市美術館をはじめ、市内の文化施設で「福岡ミュージアムウィーク」が開催されます。アートを身近に感じられるさまざまなイベントも行われますので、ぜひお出掛けください。 ま … 続きを読む 市長からのメッセージ まちに出掛けよう


掲載号:2019/04/15   情報ボックス, お知らせ

市文化芸術振興財団が製作するミュージアムグッズを新発売   2019/04/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市文化芸術振興財団が製作するミュージアムグッズを新発売 市博物館、市美術館、アジア美術館の新商品が各ミュージアムショップで販売中です。 【問い合わせ】 市文化芸術振興財団 電話 092-263-6264 FAX 092-263-6259


掲載号:2019/04/01   講座・教室, 情報ボックス

市美術館 ボランティアによるギャラリーツアー   2019/04/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

講座・教室 福岡市美術館 ボランティアによるギャラリーツアー 2019年5月26日(日)まで開催の「これがわたしたちのコレクション」出展作品から3点選んで解説します。 【日時】 2019年4月10日(水)以降毎日 ※月曜日(祝休日のときは翌平日)を除く。午前11時、午後2時から(各40分) 【場所・問い合わせ】 福岡市美術館(福岡市中央区大濠公園) 電話 092-714-6054 FAX  092 … 続きを読む 市美術館 ボランティアによるギャラリーツアー


LED照明でアーチ型の天井の写真 掲載号:2019/03/01   特集記事, 市政だより記事

市美術館がリニューアルオープン   2019/03/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市美術館がリニューアルオープン 2019年3月21日(木・祝)、 2年半に及ぶ改修工事を終えて市美術館(福岡市中央区大濠公園)がオープンします。より気軽に、親しみやすく生まれ変わった美術館を紹介します。 建築美を生かしつつ、より快適に 1979年に開館した市美術館は、日本近代建築の巨匠・前川国男によって設計されました。新しくなった美術館には、赤茶色の磁器質タイルの外壁や、アーチ型の天井、2階の屋外 … 続きを読む 市美術館がリニューアルオープン


掲載号:2019/03/01   情報ボックス, しごと

市美術館教育普及専門員(嘱託員)を募集   2019/03/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

市美術館教育普及専門員(嘱託員)を募集 市美術館が行う教育普及活動の業務等に従事。 ≪資格≫次の要件を満たす人。他要件あり。▽大学(短大を除く)・大学院を卒業・修了している▽美術館の教育普及活動で3年以上の実務経験を有する ≪任用期間≫2019年6月1日~2020年3月31日(再任用あり) ≪募集案内・申込書の配布≫3月1日から情報プラザ(市役所1階)、各区情報コーナー、各出張所で。市ホームページ … 続きを読む 市美術館教育普及専門員(嘱託員)を募集


掲載号:2019/03/01   講座・教室, 情報ボックス

市美術館 いきヨウヨウ講座「花とルーツとわたし~自分らしさってなに?」   2019/03/01

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

講座・教室 市美術館 いきヨウヨウ講座「花とルーツとわたし~自分らしさってなに?」 「インカ・ショニバレCBE:Flower Power展」を学芸員の解説付きで鑑賞します。その後、美術館周辺の花を観察し、花を器に飾ります。 【日時】 2019年3月26日(火)午前10時~午後2時半 【場所】 市美術館(福岡市中央区大濠公園) 【問い合わせ】市美術館学芸課 電話 092-714-6054 FAX 0 … 続きを読む 市美術館 いきヨウヨウ講座「花とルーツとわたし~自分らしさってなに?」


福岡市美術館の写真 掲載号:2019/02/15   紙面お知らせ, 市政だより記事

福岡市美術館 FUKUOKA ART MUSEUM 市美を彩る名匠たち   2019/02/15

お問い合わせの際は、過去の記事もございますので、掲載時期をご確認ください。

福岡市美術館 FUKUOKA ART MUSEUM 市美を彩る名匠たち 市美術館が、2019年3月21日(木・祝)にリニューアルオープンします。市美術館には、古美術から近現代美術まで有名作家の作品がそろいます。その中から代表的な作家を紹介します。 第4回 マルク・シャガール(1887-1985) マルク・シャガールと聞けば、闇夜に浮かぶ馬や女性など、まるで夢の中にいるような、幻想的な光景をイメージ … 続きを読む 福岡市美術館 FUKUOKA ART MUSEUM 市美を彩る名匠たち